【スタイリスト10人に聞く】二村毅編: ハワイの海辺でカジュアルに楽しむYUKATA

Fashion Fashion

DIRECTION&STYLING 二村毅
  • DIRECTION&STYLING 二村毅
  • DIRECTION&STYLING 二村毅
  • スタイリスト・二村毅氏
  • 伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージの様子
伊勢丹新宿店にて日本を代表するトップスタイリスト10人がデザインした浴衣が登場するポップアップイベント「ゆかたスタイリストメイド(STYLIST MADE)」が本館1階ザ・ステージにて6月19日から25日まで開催される。(会期終了後は伊勢丹本館7階呉服で取り扱い)

ファッションヘッドラインでは、スタイリスト10人にインタビューを敢行!リレー形式でご紹介。

今回は、スタイリスト・二村毅氏。「ハワイに行っても着ることができる浴衣」をテーマに、黒をベースに鮮やかな植物の柄、シワ感を残した生地を使用したカジュアルな浴衣をデザイン。“次の一着”として選びたい浴衣を提案している。

ーー今回、取り入れた日本の染色・織の技法は?また、その技法を採用した理由は?

今回のイメージは、1940年代のハワイで作られているビンテージのカーテンの柄だったので、シルクスクリーンのプリントを採用した。

ーー本業のスタイリングと、洋服(今回は浴衣)をデザインすることの違いは?

全く違います。デザインは、デザインのプロがいるから。

ーー実際に浴衣を制作して苦労した点、新しい発見などがあればお聞かせ下さい

浴衣はカジュアルだが、あまり奇をてらわず、どうしたらトラディショナルな部分を少しだけ砕けた感じにできるか。

ーー今後、スタイリングやデザインに取り入れていきたい日本の伝統の技は?

侘び寂び。

ーーご自身が思う、一番浴衣が似合うかっこいい男性像は?

矢沢永吉さん。実際に浴衣をスタイリングしたことがあるが、とても素敵だった。

ーー浴衣をデザインさせたい国内外のデザイナーは?

本当のことを言うと、浴衣はあまり“デザイン”しないほうが素敵だと思う。

ーーご自身が浴衣でお出掛けした思い出の中で、一番印象的な出来事はどんなことですか。また、おすすめのシチュエーションやスポットはどこですか?

近所のお祭り。


【プロフィール】
1970年生まれ。大学在学時から雑誌を中心にスタイリストとして活動を開始。現在は、ミュージシャンや俳優、雑誌やCDジャケット、広告、カタログなど様々なショーを手掛ける。
《編集部》
  • DIRECTION&STYLING 二村毅
  • DIRECTION&STYLING 二村毅
  • スタイリスト・二村毅氏
  • 伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージの様子

特集

page top