“働く”を考える「ほぼ日」の「はたらきたい展。」渋谷パルコで開催中。キギ初洋服ブランド披露

Life Life

会場を訪れた、「ほぼ日」主宰・糸井重里氏
  • 会場を訪れた、「ほぼ日」主宰・糸井重里氏
  • 「ほぼ日」が、働くことを考える。はたらきたい展。
  • 糸井重里と「ほぼ日刊イトイ新聞」の15年、ウッディ・アレンが描いた“おいしい生活”も展示されている
  • KIGIデザイナー・渡邉良重さん。「ほぼ日」とコラボしたオリジナルのブランド「CACUMA」は6月20日に販売開始
  • 糸井重里と「ほぼ日刊イトイ新聞」の15年
  • 「ほぼ日」のはたらきかた。
  • 「ほぼ日」史上、最も高いアクセスを記録したコンテンツ
  • 「ほぼ日」から生まれたオリジナルアイテムらが展示されている
糸井重里が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞(略称:ほぼ日)」創刊15周年の展覧会「はたらきたい展。」が6月6日からパルコミュージアムで始まった。会期は17日まで。

本展は、「みうらじゅん語りおろし動画」、「東北の仕事論」など6つのテーマで構成。また、通常はウェブで買い物を楽しめる「ほぼ日ストア」が会場内のお土産コーナーとして登場。「東北の仕事論」で紹介されている企業の人気商品も購入できる。

会場では、過去の「ほぼ日」の仕事の他、現在進行中のプロジェクトを公開。「キギ(KIGI)」デザイナー・渡邉良重と「ほぼ日」が立ち上げた洋服ブランド「カクマ(CACUMA)」も展示されている。渡邉が洋服のデザインを行うのは初。20日のデビュー時には渡邉のグラフィックがプリントされたブラウスや麻のスカート、ワンピースなど27型が「ほぼ日」で販売される。

「(アーカイブで)ほぼ日史上最高のアクセスを記録したコンテンツは、ある大学生の就活の物語。今、若い世代の方たちが最も興味を持つテーマが何かと考えた時、やはり“はたらく”ことではないかと思い、このまじめなテーマをいかに楽しく表現できるかという点に力を入れた」とパルコ広報担当。

6月15日14時からは、「『なにもない』からの出発。」をテーマに、糸井重里と斉藤和枝(気仙沼・斉吉商店)、河野通洋(陸前高田・八木澤商店)によるトークイベントも開催予定。

【イベント情報】
「ほぼ日」が、働くことを考える。はたらきたい展。
会場:パルコミュージアム(渋谷パルコパート1・3階)
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1
会期:6月17日まで
時間:10:00から21:00(最終日は18:00閉場・入場は閉場の30分前まで)
入場料:一般500円、学生400円、小学生以下無料
《編集部》
  • 会場を訪れた、「ほぼ日」主宰・糸井重里氏
  • 「ほぼ日」が、働くことを考える。はたらきたい展。
  • 糸井重里と「ほぼ日刊イトイ新聞」の15年、ウッディ・アレンが描いた“おいしい生活”も展示されている
  • KIGIデザイナー・渡邉良重さん。「ほぼ日」とコラボしたオリジナルのブランド「CACUMA」は6月20日に販売開始
  • 糸井重里と「ほぼ日刊イトイ新聞」の15年
  • 「ほぼ日」のはたらきかた。
  • 「ほぼ日」史上、最も高いアクセスを記録したコンテンツ
  • 「ほぼ日」から生まれたオリジナルアイテムらが展示されている
  • 「ほぼ日」から生まれたオリジナルアイテムらが展示されている
  • 東北の仕事論。と気仙沼のほぼ日。
  • 「ほぼ日ストア」パルコ出張所
  • みうらじゅんに訊け!全てを観ると40分程かかります
  • はたらく人の「顔・手・道具」の写真展。

特集

page top