H&M傘下「モンキ」、国内2号店を原宿竹下通りに9月オープン決定

Fashion Fashion

貝の海をイメージした「モンキ」大阪店内
  • 貝の海をイメージした「モンキ」大阪店内
  • 「モンキ」13SSコレクションより
  • 「モンキ」13SSコレクションより
6月1日に大阪・難波で国内初出店を果たしたH&Mグループのブランド「モンキ(MONKI)」が、国内2号店を東京・原宿竹下通りに建設中の新商業施設内に9月にオープンすることを発表した。

取り扱いはウィメンズのみ。東京店限定コレクションの発表・販売も予定されている。ストアデザインは、大阪店同様「The Sea of Scallops(貝の海)」がメインテーマ。東京店は大阪店とは異なる2フロア構成のため、オリジナルデザインも企画されている。同ブランド建築責任者であるカタリナ・フランカンダー(Catharina Frankander)によると、MONKIピンポンが楽しめるゲーム用テーブルやMONKIストーリーボックス、回転木馬、クラゲシャンデリアなどが設置されるとのこと。

モンキはH&M傘下のブランドとして2006年にスタート。現在、ヨーロッパでは7ヵ国、60店舗以上を展開しており、昨年には中国や香港へも出店。日本国内では、6月1日に大阪・難波の戒橋のH&M戒橋2号店のあったビルを改装し、アジア初出店となる同グループ系列のブランド「ウィークデイ(WEEK DAY)」との複合出店を果たしている。
《編集部》
  • 貝の海をイメージした「モンキ」大阪店内
  • 「モンキ」13SSコレクションより
  • 「モンキ」13SSコレクションより

特集

page top