出版デジタル機構、電子書籍取次のビットウェイを買収、将来的には統合も

Fashion Fashion

「ビットウェイ」公式サイト
  • 「ビットウェイ」公式サイト
  • 「出版デジタル機構」公式サイト
 出版デジタル機構は30日、凸版印刷の完全子会社であるビットウェイの全株式を取得し、ビットウェイを完全子会社とすることで合意したことを発表した。株式取得は7月1日となる予定。

 出版デジタル機構は、電子出版ビジネスのインフラ提供(電子書籍制作代行から配信、アーカイビング等)を行う企業として、2012年春に設立。産業革新機構のほか、講談社、集英社、小学館、大日本印刷、凸版印刷、光文社、新潮社、文藝春秋、角川書店などが株主となっている。

 2012年から2013年にかけ、国内の電子書籍市場はスマートフォンやタブレット端末など新しい端末の普及に伴い、急拡大している。この現状をうけ、多数のコンテンツを複数の端末向けに制作し、迅速かつ低コストで流通(配信)させる電子書籍の流通網を整備するため、両社が協議し、ビットウェイの譲渡に至った。

 出版デジタル機構は今後、更なる電子化コンテンツの拡充(アーカイビングを含む)、電子化のためのワークフローとプロセスの整備、取次事業の確立を進め、将来的には統合も視野に入れるとのこと。

 取得株式数は27,000株(100.0%)。買収額などについては未公表。

出版デジタル機構、電子書籍取次のビットウェイを買収……将来的には統合も

《冨岡晶》
  • 「ビットウェイ」公式サイト
  • 「出版デジタル機構」公式サイト

特集

page top