ウィーンの帽子メーカー「ミュールバウワー」13-14AWは、日常で楽しむ非日常

Fashion Collection

ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
1903年、ウィーン近郊に婦人帽子店として創業した「ミュールバウワー(Muhlbauer)」。かつては婦人服なども展開していたが、2001年に4代目クラウス・ミュールバウアーが帽子専業メーカーとして再生。伝統を生かしたモードなデザインに、ブラッド・ピットやマドンナといったセレブをはじめ、毎シーズンのコレクションを心待ちにする熱心なファンも多い。

そんなミュールバウワーから届いた13-14AWコレクション。デザインチームは「光と影」「表舞台と裏舞台」「パーティーと日常」…と、相反するイメージを同時にデザインに取り入れ、きらびやかな非日常の世界と地に足のついた日常的な世界を一つのコレクションにまとめあげた。

例えば、極めて柔らかなナッパレザーを使用した「ジュリア(julija)」シリーズ。メタリックに輝くヘアバンドやスチュワーデス風帽子、更に伝統的スタイルのロシア帽やハンティングベレーもカラフルでシャイニー。

ファーやフェルト地で作られたボーラーハットやポークパイ、ホンブルクなど、クラシックなメンズスタイルの帽子も、ナチュラルカラーに加え、ポップなカラーバリエーションがそろっており、日常的に「非日常」が楽しめるコレクションとなっている。

もちろん、トスカーナ産ラムの毛皮やオーストリア製ウールフェルト、ウールフリースなど、素材にこだわったベーシックラインも健在。中でも冬に手放せなくなりそうなのはヘッドバンド付きフェルト帽「ウォーム(warm)」シリーズ。ヘッドバンド部分は内側に折り込むことができ、機能的で見た目もかわいい。今シーズンの自信作だ。
《岡本恵美》
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション
  • ミュールバウアー13-14AWコレクション

特集

page top