デザイナー小林幹也が提案する新しい生活。新宿オゾンで展覧会開催

Life Life

カリモク家具「HARUシリーズ」新作チェア
  • カリモク家具「HARUシリーズ」新作チェア
  • カリモク家具「HARUシリーズ」新作チェア
  • 冨士ファニチア「nagiシリーズ」
  • 「Timbre」ドアチャイム
  • 「Timbre」ドアチャイム
  • 「kime」新作カードケース
  • 「kime」新作カードケース
  • 「chii」TRASH BOX
インテリアデザイナー・小林幹也の新作家具やプロダクトを集めた展覧会が6月6日より東京・初台のリビングデザインセンターオゾン(OZONE)4階「にっぽんフォルム」にて開催される。7月30日まで。

新しい生活・住まいをテーマに、にっぽんフォルムの定番アイテムである置畳を使った低座の暮らしを、小林が考える理想の家具や道具を用いてコーディネート。食事の支度、団欒、片付けなど日々繰り返される日常と調和した空間が提案される。

会場には小林がこれまでコラボレーションしてきた数々のシリーズから新作を中心に50種以上のプロダクトが並ぶ。カリモク家具とコラボしたシリーズ「ハル(HARU)」からはウォールナット仕様のアームチェアが登場。HARUは“住空間で圧迫感を与えず、存在を主張しすぎず、どんな生活空間にも調和して、心地良い佇まいを醸し出す家具”として小林がデザイン。「貫(ぬき)」と言われる脚部の補強材を使用せず、「フィンガー・ジョイント」と呼ばれる高度な接合技術により強度を確保し極力軽やかに仕上げられている。

その他にも、徳島県の冨士ファニチア「nagiシリーズ」、北海道旭川の木工職人と協働したプロダクト「kime」の新作カードケース、富山県高岡の鋳器や銅器の道具コレクション「IKI」や「KANAYA」、小さな木片を再利用した家具・道具「chii」、代表作「UKI HASHI」「TATE OTAMA」、最新プロダクトのドアチャイム「Timbre」が展示される。

小林は1981年生まれ。2005年武蔵野美術大学卒業。06年にMIKIYA KOBAYASHI DESIGNを設立。10年、ドイツの「iF product design award」にて最高位である金賞受賞。11年にはショップ「タイヨウのした(TAIYOU no SHITA)」をオープン。12年には社名を株式会社小林幹也スタジオへ改名し、法人化。

また、7月5日には文筆家で写真家のジョー・スズキをインタビュアーに迎えたトークイベントも開催される。

【イベント情報】
MIKIYA KOBAYASHI × NIPPON FORM タイヨウのした、新しい生活ハジマル。
会期:6月6日から7月30日
場所:にっぽんフォルム
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワーリビングデザインセンターOZONE4階
時間:10:30から19:00
休館日:水曜日

トークイベント「デザインクロストーク:小林幹也の魅力を探るージョー・スズキインタビュー」
会期:7月5日17:00から19:00まで(終了後、交流会を予定)
場所:リビングデザインセンターOZONE8階セミナールーム
定員:50名(予約制)無料
《編集部》
  • カリモク家具「HARUシリーズ」新作チェア
  • カリモク家具「HARUシリーズ」新作チェア
  • 冨士ファニチア「nagiシリーズ」
  • 「Timbre」ドアチャイム
  • 「Timbre」ドアチャイム
  • 「kime」新作カードケース
  • 「kime」新作カードケース
  • 「chii」TRASH BOX
  • 「kime」LONG SHOEHORN
  • 「TATE OTAMA」
  • カリモク家具「HARUシリーズ」シェルフ
  • 「MIKIYA KOBAYASHI × NIPPON FORM タイヨウのした、新しい生活ハジマル。」

特集

page top