世界初!ハットデザイナー、ジャック・ル・コーの写真展、青山にて開催

Fashion Fashion

ジャック・ル・コーの世界初個展開催
  • ジャック・ル・コーの世界初個展開催
フランスの帽子ブランド「ジャック・ル・コー(JACQUES LE CORRE)」の創立デザイナー、ジャック・ル・コー(Jacques le Corre)の手掛けた写真展が、22日より東京・青山の小原流会館で開催される。

2000年からの10年間にわたるアートワークが中心に展示。今回が世界で初めての個展となる。ギリシャの海岸で拾った廃材から作ったオブジェなどを撮った写真が登場。また、写真をもとにしたビジュアルをレザーやシルクにプリントしたストールやバッグも販売される。

1985年に設立されたジャック・ル・コーは、儀礼的な印象だったハットのイメージを変えたデザインを発表し、ファッション界に衝撃を与える。「クロエ(Chloe)」「パコ・ラバンヌ(Paco Rabanne)」「ジル・サンダー(Jil Sander)」「ダナ・キャラン(Donna Karan)」「ケンゾー(KENZO)」などのアクセサリーコレクションに参加。99年にバッグを加えたフルコレクションをスタート。2010年にル・コーが他界した後は、ブランド設立以来のビジネスパートナー、大前ますみが後継者としてクリエーションを担当。南仏の帽子アトリエ「コーボー(kobo)」で職人が手作業で作る帽子、何シーズンにもわたり同じフォルムで色や素材を変えて登場するバッグ「リスボン(LISBON)」などの定番アイテムに、昨年秋冬コレクションよりル・コーの写真をモチーフにしたストールが加わった。


【イベント情報】
ジャック・ル・コー写真展
場所:小原流会館B1スペース
住所:東京都港区南青山5-7-17
会期:5月22日から30日
時間:10:00から18:00
休館日:日曜
入場無料
《くまがいなお》
  • ジャック・ル・コーの世界初個展開催

特集

page top