三井アウトレットパーク滋賀竜王、7月拡大オープン。環境意識の近畿圏最大級モールに

Biz Biz

三井アウトレットパーク滋賀竜王の外観
  • 三井アウトレットパーク滋賀竜王の外観
  • 三井アウトレットパーク滋賀竜王の外観
  • 三井アウトレットパーク滋賀竜王の外観
第2期開発計画を推進中の三井アウトレットパーク滋賀竜王(滋賀県蒲生郡竜王町)が、7月11日にスケールアップしてオープンする。

第2期開業部分には、「ジョゼフ(JOSEPH)」「リリーブラウン(Lily Brown)」「リンツショコラカフェ(Lindt Chocolat Cafe)」などの日本初出店5店舗、近畿初出店14店舗を含む70店舗が加わり、店舗数は167から237店舗へと拡大。店舗数において近畿圏最大級のアウトレットモールへと進化する。既存の国内外ファッションブランドから生活雑貨ショップに加え、トレンドに敏感なセレクトショップ、スポーツ、食物販、キッチン雑貨などフルラインナップがそろう。

第1期部分も、日本初出店5店舗、近畿初出店2店舗を含む新規14店舗、増床リニューアル1店舗の計15店舗が来月下旬より順次オープン。「アメリカンイーグルアウトフィッターズ(AMERICAN EAGLE OUTIFITTERS)」「ポールスミス(Paul Smith)」「ユニバーサルランゲージ(UNIVERSAL LANGUAGE)」などが新たに出店する。

今期開業部分のデザインコンセプトは「フラワーズ(FLOWERS)」。設計は三井アウトレットパークを多く手掛けている設計事務所「ノンスケール」。「リーブス(LEAVES)」がコンセプトの第1期部分に連なるように、アースカラーを基調とし、竜王町の豊かな自然の中で咲く花の彩りをイメージしたという。1、2階が駐車場で3階が店舗フロアとなり、店舗面積は約1万平方メートル。

施設コンセプトである「環境共生型アウトレットモール」を発展させ、第1期部分に加えて100kwの太陽光発電設備を新たに設置。共用部照明と店舗区画内において、積極的にLED照明を導入している。また、芝生広場や噴水のある「ベリーガーデン」に非常時には炊き出し用のかまどとなる災害用ファニチャーを設置。同ガーデンの子供用遊具は増設する。

三井アウトレットパークは、現在国内に12施設を展開。木更津、札幌北広島の第2期開発を推進中。海外でのアウトレット事業も注力しており、2011年9月に中国に開業し、今後マレーシアや台湾での開業も予定されている。
《くまがいなお》
  • 三井アウトレットパーク滋賀竜王の外観
  • 三井アウトレットパーク滋賀竜王の外観
  • 三井アウトレットパーク滋賀竜王の外観

特集

page top