LVMHが『シェルブールの雨傘』のデジタル修復に協賛、60年代ファッションのドヌーヴの美しさも永遠に

Entertainment Entertainment

『シェルブールの雨傘』より
  • 『シェルブールの雨傘』より
  • 『シェルブールの雨傘』より
  • 『シェルブールの雨傘』より
フランスやヨーロッパの文化遺産や創作活動を守り育てる活動を展開するLVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンが、フランス映画『シェルブールの雨傘』のデジタル修復に協賛することを発表した。

ジャック・ドゥミ監督、カトリーヌ・ドヌーヴ主演で1963年に制作された本作は、1964年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドール賞を受賞、アカデミー賞でも5部門にノミネートされたミュージカル映画。時を超えて今なお世界中で愛されている名作であり、作中で使用された音楽やドヌーヴが着こなした60年代ファッションも、多くのファッションデザイナーやクリエーター達に影響を与え続けてきた。

今回のプロジェクトでは、デジタルフォーマットへの変換と新しい保存技術によって、その映像と音声の質が劣化することなく保存可能になった。LVMHは、カンヌ国際映画祭、シェルブール市、バス=ノルマンディー地方と共にこのプロジェクトを支援。その遂行にあたっては、不特定多数の人々からインターネットを通じて資金を募るクラウドファンディングも利用されている。

修復された作品は、フランス国内の映画館で6月19日に公開され、世界各国の映画館でも上映される予定。2013年度カンヌ国際映画祭のカンヌ・クラシック部門にも出品される。

また、4月10日から8月4日まで、パリのシネマテーク・フランセーズで開催中のジャック・ドゥミ回顧展では、ドゥミ監督の世界観や作品が紹介されている。
《編集部》
  • 『シェルブールの雨傘』より
  • 『シェルブールの雨傘』より
  • 『シェルブールの雨傘』より

特集

page top