宝島社、3年連続ファッション誌トップシェア。『スウィート』4年連続1位、『インレッド』『リンネル』など部数増加

Biz Biz

宝島社の発行するファッション雑誌が、一般社団法人日本ABC協会に参加する月刊男性・女性ファッション雑誌全58誌のうち21.8%を占め、3年連続で出版社別のトップシェアとなった。

2012年下半期において、20代後半の女性をターゲットとした『スウィート(sweet)』は約38.3万部を販売し、4年連続でファッション雑誌販売部数1位。30代向け女性誌『インレッド(InRed)』が122.2%と部数を伸ばしている他、『リンネル』が118.9%、『モノマックス(MonoMax)』が118.5%とライフスタイル誌も増加し、全誌で前期比109.3%となった。

ABC協会は、第三者として新聞、雑誌、専門誌、フリーペーパーの販売・配布部数を公査し発表・認定する会員制組織。広告の売り手である発行社、買い手である広告主、仲介する広告会社の3社により構成。雑誌部門では講談社、集英社、小学館、マガジンハウス、日系BPなど大手出版社が参加している。雑誌発行社レポートは、原則として1から6月分は10月、7から12月分は翌年4月の年2回発表。発表部数は、雑誌発行社がそれぞれの販売ルートを通じて販売した返品差引後の販売部数で、いかなる種類の非販売部数も含まない。
《くまがいなお》

特集

page top