国内空港初。紫舟+チームラボによる体験型デジタルアート「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」公開

Entertainment Entertainment

国内空港初。紫舟+チームラボによる体験型デジタルアート「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」公開
  • 国内空港初。紫舟+チームラボによる体験型デジタルアート「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」公開
書家・紫舟とチームラボによるインタラクティブアニメーション「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が4月27日より成田空港第1旅客ターミナル南ウイング4階出発ロビーのデジタルサイネージに常設される。

成田空港内に計100台設置されているデジタルサイネージ「スカイゲートビジョン」の中で最大となる凹型曲面有機ELパノラマビジョンを使用。6時から22時までの毎時30分間上演される。

同作品はデジタルサイネージ画面上部に設置されたセンサーが人の動きを感知し、紫舟が描いた「書(漢字)」が浮遊するように映し出される。浮遊する「書(漢字)」に近づくとその漢字がもつ意味に形が変化し本来の姿へ具象化されるという体験型のデジタルアート。

2011年、紫舟+チームラボが発表。フランスのバーチャルリアリティーの博覧会「ラヴァルバーチャル(Laval Virtual)」の国際コンテスト「レボルーション(ReVolution)」では「建築・芸術・文化賞」を受賞。シンガポール、スイス、スウェーデンなどでも公開され海外でも高い評価を受ける。

《いながきまきこ》
  • 国内空港初。紫舟+チームラボによる体験型デジタルアート「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」公開

FEATURED

特集

page top