ランニングと音楽を融合する、ナイキの無料アプリ「ラントラック」公開中

Life Life

ランニングアプリ「Nike+Running」を使用してオリジナルミュージックトラックを作成できるモバイル専用アプリ「RUN TRACK」
  • ランニングアプリ「Nike+Running」を使用してオリジナルミュージックトラックを作成できるモバイル専用アプリ「RUN TRACK」
「ナイキ(NIKE)」が、ランニングアプリ「ナイキプラス・ランニング(Nike+Running)」を使用してオリジナルミュージックトラックを作成できるモバイル専用アプリ「ラントラック(RUN TRACK)」を無料公開している。

同アプリには、「イーライ・ウォークス(Eli Walks)」「ジェマパー(Jemapur)」「ハイファナ(Hifana)」など国内アーティスト8組がベーストラックを提供。それらの楽曲は、NIKE+に登録されたランデータ(ペース・距離・早さ・時間帯・天気・気温など)の様々な要素に基づいてリミックスされ、オリジナルトラックを生成できる。また、出来上がったトラックをフェイスブックやツイッターで共有することも可能だ。

Nike+Runningは、専用の「スポーツウオッチGPS(SportWatch GPS)」やiPhoneなどを使って、距離・消費カロリー・ペースなどのランニングデータをリアルタイムでモニタリングできるサービス。「nikeplus.com」上で、データなどを蓄積、管理したりSNSでシェアしたりすることもできる。

この企画は、ナイキの裸足感覚シューズ「ナイキフリー(Nike Free)」の新キャンペーン“ぐにゃりと変える”の一環で、今後も相互体験型のコンテンツや、参加型イベントなどを多数展開していくという。
《編集部》
  • ランニングアプリ「Nike+Running」を使用してオリジナルミュージックトラックを作成できるモバイル専用アプリ「RUN TRACK」

特集

page top