「タカヒロミヤシタザロソロイスト.」がコレクションに初めてテーマを設定

Fashion Collection

「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
デザイナーの宮下貴裕が手掛ける「タカヒロミヤシタザロソロイスト. (TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.)」 の13年秋コレクション「symphony#0008」では、ブランドとして初めてテーマが設定された。

テーマは「アメリカンダンディーズ(AMRCN DANDIES.)」 。ジャケット、パンツ、シャツ、ニットなど、宮下自身の1週間のワードローブとしてセレクトされたアイテムを披露。ブランドタグもリニューアルされた。

コートやジャケットは、同ブランドでは初めて、芯地を用いて仕立てられている。デザイナーの宮下自らが試着を繰り返しながら、パターンに微調整を加えて体に馴染む着心地のよいシルエットを追求。素材はフランネルやツイード、カシミアウールやカシミアビーバーなど。上質な素材にあえて洗いをかけることで独特の風合いを出し、裁ち切りの裾や袖口はほころび、そこから裏地がのぞく。

シャツはジャケットスタイルでのバランスを考えて、襟の形をわずかにロングポイントに、コートやジャケットのフラップポケットの上にコインポケットを付けるなど、細やかなこだわりが、同ブランドの”チャーミングなダンディズム”の表現を表している。

その他、ディアスキンのモーターサイクルTシャツ、カラーや切り替えのデザインを変更して登場したダウンセーターやベストに加え、引き続きパッチワークデニムなども展開。

また、「オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)」とのコラボレーションによるアイウエアは、5シーズン目を迎えた今回がラストとなり、全6型のラインアップで9月9日より随時発売される。
《編集部》
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • 「タカヒロミヤシタザロソロイスト. 」13年秋コレクション「symphony#0008」
  • レザージャケット
  • ディアスキンのモーターサイクルTシャツ
  • ダウンセーター
  • パッチワークデニム
  • アメリカの老舗のウエスタンブーツブランド「Frye」のレザーを使ったシューズ
  • ウォレットコードとレザーグローブ
  • アトリエでの展示会風景。フリンジ付ブーツは「オーセンティック シュー&コー」の竹ヶ原敏之介が手掛けている
  • ニットはハイゲージとミドルゲージのタートル2型
  • レザーやファーを使ったアイテム
  • アトリエでの展示会風景
  • アイウエアブランド「オリバーピープルズ」とは最後のコラボレーションとなる
  • 「オリバーピープルズ」とのコラボアイウエアは、ミューシャンやアーティストにインスパイアされたデザイン

特集

page top