手書きメモに特化した独自OS搭載の8インチタブレット「enchantMOON」

Life Life

手書きメモに特化した独自OS搭載の8インチタブレット「enchantMOON」
  • 手書きメモに特化した独自OS搭載の8インチタブレット「enchantMOON」
  • ハンドルを折りたたむと自立する
  • 初回出荷の筐体にはシリアル番号をレーザー印刷するほか、専用ペンホルダー付き本牛革ストラップが付属する
 ユビキタスエンターテインメントは19日、手書きメモに特化した独自OS搭載の8インチタブレット「enchantMOON」を発表した。23日正午より予約受付を開始し、出荷予定は5月下旬。同社の公式HPでのみ予約受付し、直販価格は39,800円。

 OSに同社がAndroid 4.0をベースに独自に開発した「MOONPhase」を搭載。書くことにフォーカスして設計されており、同様のCPU比で5倍の精度で指先の細かな動きまで再現する。ユーザーが手書きした文字は、自動的に文字認識され、指で囲むことで様々な操作が可能。手書き文字を自動的に文字認識し、あとから検索することもできる。手書きのニュアンスを持たせたまま、情報処理ツールとしての機能を実現したという。

 閲覧したWebページの好きな部分をペンで切り取り、Webシールとしてノートに貼り付けることも可能。切り取ったWebシールは、そのままハイパーリンクボタンとなり、いつでも切り取り元のページにジャンプできる。また、指で任意の部分を囲み、境界内部に「カメラ」または「camera」と書くことでカメラが起動し、そのまま撮影も行える。撮影した写真はシールとして使用できる。

 ディスプレイは8インチXGA(1,024×768ピクセル)フルカラー、入力方式は静電容量タッチパネル+アクティブ式デジタイザーペン。CPUはAllWinner A10(1.2GHz)、メモリは1GB、ストレージは16GB。IEEE 802.11b/g/nの無線LANを搭載する。

 設計段階から映画監督の樋口真嗣氏と哲学者/思想家の東浩紀氏が関わり、製品の外観デザインは、イラストレーターの安倍吉俊氏が担当した。初回出荷の筐体にはシリアル番号をレーザー印刷するほか、専用ペンホルダー付き本牛革ストラップが初回限定特典として付属する。4月23日19時から、東京・品川区西五反田のゲンロンカフェでタッチ&トライイベントっも予定されている。
《関口賢》
  • 手書きメモに特化した独自OS搭載の8インチタブレット「enchantMOON」
  • ハンドルを折りたたむと自立する
  • 初回出荷の筐体にはシリアル番号をレーザー印刷するほか、専用ペンホルダー付き本牛革ストラップが付属する

特集

page top