4月22日は三宅一生の誕生日です

Fashion Fashion

イッセイミヤケ13-14AWコレクションより(現在のブランドのデザイナーは宮前義之が務める)
  • イッセイミヤケ13-14AWコレクションより(現在のブランドのデザイナーは宮前義之が務める)
ファッションデザイナーの三宅一生は1938年4月22日生まれ。広島県出身。

多摩美術大学図案科に入学。1960年、日本で初めて世界デザイン会議が開催された時、「衣服デザインの分野が含まれていないのはなぜか」という質問を事務局に送り、注目された。1963年の卒業した後、初コレクション「布と石の詩」を発表。

1965年パリへ渡りオートクチュールを学び、ギ・ラロッシュ、ジバンシィで経験を積み、1969年ニューヨークへ移り、半年後に帰国。

1970年、三宅デザイン事務所を設立。1971年2月に「イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE)」ブランド 初のコレクションをニューヨークで発表。同年11月にアパレル商品の企画生産販売を手掛ける子会社として株式会社イッセイミヤケインターナショナル(現株式会社イッセイミヤケ)を設立。1973年3月にパリコレクションで73AWコレクションを発表。1974年3月に初のショップを東京・青山にオープンした。

1988年にパリで個展「イッセイミヤケ・あうん(ISSEY MIYAKE A-ŪN)」を開催し、その頃からプリーツを使った服作りをスタート。1993年、「プリーツプリーズ・イッセイミヤケ(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE)」ブランドを設立。その後もプロダクトとしての衣服を追求し、1998年、藤原大とともに「エイポック(A-POC: Piece Of Cloth)」の開発を始めた。2007年には、新たなプロジェクト「リアリティー・ラボ(Reality Lab.)」をスタート。

2004年、財団法人三宅一生デザイン文化財団を設立。イッセイミヤケのアーカイブを保存するとともに、人材育成や若手のサポートを行っている。2007年、同財団が主体となり東京ミッドタウンに21_21 DESIGN SIGHTを開設。三宅は佐藤卓、深澤直人、川上典李子と共にディレクターを務めている。

受賞歴も多く、フランス芸術文化勲章の最高位コマンドール(1991年)、1993年フランス レジオン・ド・ヌール勲章シュバリエ(1993年)、イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(王立芸術院)より名誉博士号授与(1993年)、文化勲章授章(2010年)などがある。
《編集部》
  • イッセイミヤケ13-14AWコレクションより(現在のブランドのデザイナーは宮前義之が務める)

FEATURED

特集

page top