「ヤコブコーエン」の蛍光色ステッチデニム、東京ミッドタウン店オープンで先行発売

Fashion Fashion

日本初の路面店、東京ミッドタウン店で千個委発売されるJ688モデル
  • 日本初の路面店、東京ミッドタウン店で千個委発売されるJ688モデル
  • ボタン、ステッチ、刺繍などが蛍光カラーのエクスクルーシブデニム
  • 「ヤコブコーエン」の証、ハラコパッチもスペシャルヴァージョン
  • 「ヤコブコーエン」の日本初のオンリーショップが4月25日にオープン
「ヤコブコーエン(JACOB COHEN)」が4月25日東京ミッドタウンにオープンする日本第1号店となるフラッグシップショップのオープン記念として、蛍光色ステッチのデニムを先行発売する。

イタリア語で蛍光色という意味のある「Colore fluorescente」に由来する「FLUO」シリーズのデニムはメンズの3色展開。蛍光色の刺繍とステッチ、ボタンがあしらわれている。股上が浅めのJ622と、股上が深めのJ688の2タイプで、同ブランドの特徴であるコインポケットのJの刺繍や、ハラコパッチも同モデルだけの別ヴァージョンとなっている。価格はどちらも5万400円。

今回オープンする東京ミッドタウン店は同ブランドにとって、サントロぺ、アントワープに続く世界第3号店。パンツだけではなく、トップス、アクセサリーなどメンズ、ウィメンズのフルコレクションが展開される。

タト・バルデッレが設立した同ブランドは、2003年に息子のニコラ・バルデッレに引き継がれ、ラグジュアリーデニムブランドとしての地位を確立したが、ニコラが2012年に急逝。デザインはメゾンのチームに引き継がれている。
《Marie》
  • 日本初の路面店、東京ミッドタウン店で千個委発売されるJ688モデル
  • ボタン、ステッチ、刺繍などが蛍光カラーのエクスクルーシブデニム
  • 「ヤコブコーエン」の証、ハラコパッチもスペシャルヴァージョン
  • 「ヤコブコーエン」の日本初のオンリーショップが4月25日にオープン

特集

page top