パリで人気のインテリア・子供雑貨「プチパン」のポップアップショップが伊勢丹新宿店にオープン

Life Life

「プチパン」ポップアップショップ(伊勢丹新宿店本館6階ザ・ステージ#6)
  • 「プチパン」ポップアップショップ(伊勢丹新宿店本館6階ザ・ステージ#6)
  • 新作のモビールが並ぶ「プチパン」ポップアップショップ
  • 新作のモビールが並ぶ「プチパン」ポップアップショップ
  • 新作のモビールが並ぶ「プチパン」ポップアップショップ
  • 手芸アイテムも充実「プチパン」ポップアップショップ
フランスで開催されるインテリアの見本市、メゾン・エ・オブジェにも出品し、現在、注目を集める子供向けの雑貨ブランド「プチパン(Petit Pan)」のポップアップショップが4月17日より伊勢丹新宿店本館6階ベビー子供服フロアでオープンしている。会期は4月23日まで。

「プチパン」はベルギー人アーティストの ミリアム・デ・ロール (Myriam De Loor)と中国人クリエーター、パン・ギャング(Pan Gang)が手掛けるフランスのブランドで、現在、パリに3店舗の直営店が展開されている。

アジアの伝統や文化に影響を受けた、オリエンタルなインテリア雑貨やファブリックが中心。どこか懐かしいレトロなテイストのポーチやバッグが子供だけでなく大人にも人気で自分用に購入するケースも多い。また、色鮮やかな生地やバイアステープ、ボタンなどが豊富にそろっており、手芸アイテムも充実している。

ポップアップショップではこれらのアイテムに加え、人気のモビールの新作が登場。シルク素材で作られたカラフルな魚やセミ、タツノオトシゴなど、凧を彷彿とさせるユニークなモチーフが本国フランスでも注目を集めており、ポップアップショップでも華やかに演出している。

伊勢丹新宿店では4月20日、21日(各日11時から13時、14時から17時)の2日間、子供がその場で描いた絵を、「リトルアーティスト」所属のクリエーターが「プチパン」の生地に乗せて作品として仕上げて額装するという、コラボアートのイベントが予定されている。
《編集部》
  • 「プチパン」ポップアップショップ(伊勢丹新宿店本館6階ザ・ステージ#6)
  • 新作のモビールが並ぶ「プチパン」ポップアップショップ
  • 新作のモビールが並ぶ「プチパン」ポップアップショップ
  • 新作のモビールが並ぶ「プチパン」ポップアップショップ
  • 手芸アイテムも充実「プチパン」ポップアップショップ

FEATURED

特集

page top