スティーブン・アラン、ユナイテッドアローズと共に日本本格上陸

Biz Biz

スティーブン・アラン・トーキョー店内全景
  • スティーブン・アラン・トーキョー店内全景
  • 化粧品や食器類も充実
  • ウィメンズコーナー
  • ブランドアイコンのシャツが豊富にそろう
  • スティーブン・アラン、ユナイテッドアローズと共に日本本格上陸
4月13日、ニューヨークのセレクトショップ「スティーブン・アラン(Steven Alan)」の日本旗艦店「スティーブン・アラン・トーキョー」が東京・渋谷の「ビューティ&ユース・ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS、以下BY)」地下1階(東京都渋谷区神南1-19-11)にオープンした。

ニューヨーク・トライベッカにあるショップの内装デザインを基調とした98坪の店内にはメンズ、ウィメンズのウエアと小物類の他、化粧品や食器などの生活雑貨類も扱われ、フルラインアップがそろう。本国スティーブン・アランのインポートアイテムに加え、日本に合わせたトレンドとサイジングのオリジナルラインも用意。企画はBYが手掛けている。

「アメリカのエッセンスを取り入れつつ、日本人に楽しんでもらえる新しいスティーブン・アランを届けたい。初めて日本で扱ったのが弊社で、BY設立以前からユナイテッドアローズで買い付けていた。毎シーズン別注もお願いするなど、お互い根柢にトラッドスタイルが共通しており、自然な流れで協働して出店することになった。値段帯はパンツ1万から1万4,000円、シャツ1万3,000から1万5,000円、アウター2万から3万円がメインでBYより少し高め。年齢層も少し上で35歳前後。成熟した方に着てもらいたい」とユナイテッドアローズBY本部のPR担当者は説明する。

同日には新宿ルミネ2にもオープン。26日開業予定のグランフロント大阪にも出店する。
《編集部》
  • スティーブン・アラン・トーキョー店内全景
  • 化粧品や食器類も充実
  • ウィメンズコーナー
  • ブランドアイコンのシャツが豊富にそろう
  • スティーブン・アラン、ユナイテッドアローズと共に日本本格上陸

特集

page top