代官山ヴィアバスストップ・ミュージアムにてフランス発インテリアブランド「イブリッド」の展示が開催中

Design Design

エントランスにはガラス壁を突き破って飛び掛かるように、熊の本棚「フューリアス・ジョー」を展示
  • エントランスにはガラス壁を突き破って飛び掛かるように、熊の本棚「フューリアス・ジョー」を展示
  • ビアバスストップミュージアムファサード。赤い動物型本棚をアイキャッチとなるように展示
  • ビアバスストップミュージアムファサード
  • ビアバスストップミュージアムファサード
  • マネキンと組み合わせてディスプレイ
  • 代官山ヴィアバスストップ・ミュージアムにてフランス発インテリアブランド「イブリッド」の展示が開催中
  • エントランスにはガラス壁を突き破って飛び掛かるように、熊の本棚「フューリアス・ジョー」を展示
  • 象型の本棚
東京・代官山の「ヴィアバスストップ・ミュージアム(VIA BUS STOP MUSEUM)」では、フランスのインテリア雑貨ブランド「イブリッド(IBRIDE)」によるスペシャルディスプレイを行っている。展示は5月末まで。

ディスプレイはデザイナー自らがコーディネート。開口が大きい同店のアイキャッチとなるように、赤い動物型の本棚がディスプレイされている。エントランスにはガラス壁を突き破って飛び掛かるように、全高約2mの熊の本棚「フューリアス・ジョー(FURIOUS JOE)」がそびえる。1階中央階段横には宙を舞っている様に食器「フライング・ユアン(FLYING YUAN)」を展示。また地下階への壁面を猫が主人公の肖像画を描いたプレート「ヴィスコンティ(VISCONTI)」が覆う。各ディスプレイは購入可能だ。

イブリッドはアートディレクターの設計士レイチェル・コンバース(Rachel Convers)、デザイナーの建築士ブノワ・コンバース(Benoit Convers )、エディターでビジネスマネージャーのカリネ・ジャンナ(Carine Jannin)という異業種3人が作り出す雑貨ブランド。2009年にミラノ、 パリで動物の家具シリーズを発表し、一躍注目を集めた。オリジナル商品以外にも他企業とのコラボレートを数多く行い、2010年には ケンゾー(Kenzo) の香水ボックスのデザインを手掛けている。
《いながきまきこ》
  • エントランスにはガラス壁を突き破って飛び掛かるように、熊の本棚「フューリアス・ジョー」を展示
  • ビアバスストップミュージアムファサード。赤い動物型本棚をアイキャッチとなるように展示
  • ビアバスストップミュージアムファサード
  • ビアバスストップミュージアムファサード
  • マネキンと組み合わせてディスプレイ
  • 代官山ヴィアバスストップ・ミュージアムにてフランス発インテリアブランド「イブリッド」の展示が開催中
  • エントランスにはガラス壁を突き破って飛び掛かるように、熊の本棚「フューリアス・ジョー」を展示
  • 象型の本棚
  • 地下階への壁面を猫が主人公の肖像画を描いたプレート「ヴィスコンティ(VISCONTI)」を展示
  • 宙を舞っている様に食器「フライング・ユアン」を展示
  • 白熊の本棚
  • 鳥の下半身型のテーブル

FEATURED

特集

page top