「ギンザスペシャリティストア」の進化を目指し、新生松屋が今年9月にオープン。ロジェ・ヴィヴィエ導入

Biz Biz

4月11日、株式会社松屋は、新生「松屋銀座」の改装計画概要を発表した。同店舗の大規模な改装は、2001年に実施した全館リニューアル以来12年ぶり。一部の売場は既にオープンしているが、婦人服売場など核となる売場の改装は今年5月から段階的に着手する。グランドオープンは9月の予定。

改装の目的は主に4点。「ギンザ(GINZA)スペシャリティストア」を進化させて銀座立地の強みをさらに強化すること。 2019年度に迎える150周年に向けた成長戦略の布石。フロアの回遊性向上。そして、変化した商圏への対応。リニューアルの対象は、5階紳士服、8階レストラン、屋上を除く全7フロア。対象面積は約7,000平方メートル、総改装費用は約30億円に及ぶ。

注目ポイントは、導入以来初の大型改装となるルイ・ヴィトン。1階と2階を全面的にリニューアルするだけでなく、3階部分を増床し、売り場面積を従来の約1.5倍に拡大。ここにメンズ売場を設け、日本における一番店を目指す。また、店舗上部の8階までルイ・ヴィトンのファサードを展開し、銀座のランドマークであることを強調する。

2階のインターナショナルファッションゾーンは、テーマを「ファッショントレンドを追求フロア」に設定。東日本初となる「ロジェ・ヴィヴィエ」が出店する。3階には2階からハンドバッグを移設し、「レペット」を新規導入。同時にキャリアスポーツ売場を強化・再編して集客力アップを図る。

4階には3階からランジェリー売場を移設し、大人の女性をターゲットに婦人服を再編。「ファビアナ・フィリッピ」「チヴィディーニ」「ジル・サンダーネイビー」などの新ブランドが顔をそろえる。6階婦人服フロアと7階リビングフロアの改装は今年2月に完了。地下1階食品売場も、既存のライフスタイル提案型売場を再構築した。 松屋は、売上高の目標を改装後1年間で約570億円(前年対比104%)としている。
《薄井テルオ》

特集

page top