AKM小澤智弘の「1 piu 1 uguale 3」が初の旗艦店を六本木ヒルズにオープン

Fashion Fashion

ウノピュウノウグァーレトレが初の旗艦店を六本木ヒルズに出店
  • ウノピュウノウグァーレトレが初の旗艦店を六本木ヒルズに出店
  • 中央にはペルシャ絨毯が敷かれ、ブーツが並ぶ
  • ビンテージの生地を使ったシャツ
  • ウルフルズヘッドとのコラボによるアクセサリー
  • ウルフルズヘッドとのコラボによるアクセサリー
  • ライダースジャケット
  • ライダースジャケット
AKMデザイナーの小澤智弘がデザインする「ウノ・ピュ・ウノ・ウグァーレ・トレ(1 piu 1 uguale 3)」が、初の旗艦店を六本木ヒルズに4月4日にオープンした。

店舗面積は約132平方メートル。階段や神殿など、神社をイメージした無機質な空間デザイン。中央には80年前のアンティークのペルシャ絨毯が敷かれ、ブーツが並ぶ。全体の80%を占めるメンズのほか、ウィメンズラインも取り扱う。ブランドとしては初となるスーツのオーダーメイドラインも展開する。

オープンを記念して、限定商品も登場。「ウルフズヘッド(WOLF'S HEAD)」とのコラボレーションによるベルト(55万円)やスタッズの付いたアクセサリー(9万3,000円から12万円)の他、ライダースジャケット(120万円)などを販売する。また13-14AWコレクションショーで登場したコレクションピースも展示されている。

同ショップでの売上げは月1億円を見込んでおり、初年度売上目標は12億円。将来的には名古屋、大阪などにも出店したい考え。
《樋口真一》
  • ウノピュウノウグァーレトレが初の旗艦店を六本木ヒルズに出店
  • 中央にはペルシャ絨毯が敷かれ、ブーツが並ぶ
  • ビンテージの生地を使ったシャツ
  • ウルフルズヘッドとのコラボによるアクセサリー
  • ウルフルズヘッドとのコラボによるアクセサリー
  • ライダースジャケット
  • ライダースジャケット

特集

page top