ローソンが「Tokyo Otaku Mode」にスペシャルページ、海外プロモーション強化

Biz Biz

ローソンスペシャルページイメージ
  • ローソンスペシャルページイメージ
 ローソンは3月25日より、Tokyo Otaku Mode Inc.(米デラウェア州)が運営する、ユーザーがコスプレやイラストなど自身の作品を投稿できるサービス「Tokyo Otaku Mode」内に、ローソンスペシャルページを開設し、アジアを中心とした全世界的なプロモーションを始めた。

 「Tokyo Otaku Mode」は、会員の99%が海外ユーザーだ。ローソンは、今回、開設するスペシャルページと公式アカウントにて、これまでに日本国内で実施したアニメやマンガなどのキャンペーンや、ローソンオリジナルグッズを紹介し、海外における認知度アップを図る。

 ローソンは、2011年7月のインドネシア出店で東南アジアへの進出を果たし、現在は84店舗を出店している。今後も、タイなど他の東南アジア各国へ出店する予定だ。東南アジアでは、日本のアニメやマンガの人気が高いため、「Tokyo Otaku Mode」を通じて東南アジアでのローソンファンをさらに増やしていく。

 Tokyo Otaku Modeは、2011年3月24日に、日本のアニメやマンガなどの最新ニュースやイベントレポート、関連グッズなど、いわゆる日本の“ オタク” コンテンツを紹介するFacebook ページ「Tokyo Otaku Mode 」を開設。開設後1年10ヵ月で日本人運営では初(Tokyo Otaku Mode Inc.社調べ)の1000 万「Like!」を突破(2013年1月25日現在)。また、ユーザーが自身の作品を投稿できるUGC(ユーザー生成コンテンツ)タイプのサービスと日本のオタク関連ニュースを掲載するウェブサイト「Tokyo Otaku Mode」を運営。

ローソンが「Tokyo Otaku Mode」にスペシャルページ……海外展開

《高木啓》
  • ローソンスペシャルページイメージ

FEATURED

特集

page top