仏PPRが組織再編成に伴い、社名をケリングに変更。より国際的なグループを目指す

Biz Biz

フランス流通大手のPPRグループは、ラグジュアリー及びスポーツ用品を中心とした事業戦略への転換に伴い、社名を現在のPPRから「ケリング(Kering)」に変更する。

正式な社名変更は、今年の6月18日に開かれる株主総会の承認を経て行われる。2005年以降、大幅な組織再編成を行ってきたPPRは、今までヨーロッパを中心に流通ビジネスを行ってきたが、これからはより国際的なグループとして運営を続けることになる。具体的には、ラグジュアリー及びスポーツ用品といった成長著しい二つのセクターで、アパレルとアクセサリーを軸にビジネスモデルを展開していく。

新社名のケリングの英語の発音は、思いやりという意味合いを持つ「caring」という言葉に似ていて、同社がブランド、社員、株主や環境に対して思いやりを持って接していくという思いが込められている。社名の中の「ing」は動作を表しており、会社の動きや国際的な動きを表す。また、「ker」は、会社が創設されたフランスのブルターニュ地方で話されるブルトン語で「家」という意味がある。ケリングの新しいロゴマークには、ビジョンと知恵を象徴するフクロウを用いている。

PPRグループは120ヶ国以上でビジネスを展開。 ユーロネクスト・パリ(Euronext Paris)に上場しており、「グッチ(Gucci)」「ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)」「サンローラン(Saint Laurent)」「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」「バレンシアガ(Balenciaga)」「ブリオーニ(Brioni)」「クリストファー・ケーン(Christopher Kane)」「ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)」「セルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)」「プーマ(Puma)」などを傘下に持つ。
《Marie》

特集

page top