【13-14AW東京コレクション】可愛く楽しく悲しい「ノゾミイシグロオートクチュール」

Fashion Collection

ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
3月22日、国立競技場にて「ノゾミイシグロオートクチュール(NOZOMI ISHIGURO haute couture)」が13-14AWコレクションを発表した。デザイナーは石黒望。テーマは「ろくでなし・ひとでなし・ふくでなし」。

犬の鳴き声が入ったBGMが鳴り響き、ショーがスタート。ニット、ボンディングしたチェック生地、ドットプリントなどブランドらしい様々なテキスタイルを切り替えてぬいぐるみのような可愛い動物の顔を造形し、洋服の一部に取り込んでいる。動物モチーフは様々に使用され、前身頃、肩周り、袖山、スカートなどいたるところに顔・足が現れた。加えてプリントカットソーはアルファベットと動物がコラージュされた柄。一件可愛いが、複雑な造形でグロテスクでもある。

ほとんどのルックはアームホールがなく、上半身は拘束服のよう。機能性といった面ではテーマの通り“服で無し”だ。白のギャザースカートの裾には子供が描いた落書きのような猫の顔、骸骨のプリントが施されている。

先日のタンバリンでもおどろおどろしい服とショーを発表したが、オートクチュールでも引き続き不安感を醸し出す服が発表された。
《編集部》
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション
  • ノゾミイシグロオートクチュール13-14AWコレクション

特集

page top