【13-14AW東京コレクション】「ファーファー」が“C”だけで奏でる、ハードでエレガントな黒のダイナミズム

Fashion Collection

ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
「ファーファー(fur fur.)」の13-14AWコレクションが3月22日ラフォーレミュージアム原宿で発表された。クリエーティブディレクターはチダコウイチ。デザイナーは古橋彩。

一部を除き全身黒のスタイルが続々と登場、葬列のように真っ黒な世界観を表現。Vネックの黒のノースリーブロングドレスのバリエーションから始まり、キャミソールドレスやレザージャケットとのコーデ、パンツスタイル、コートドレスが展開された。フリルやレースがあしらわれたドレスなどもあったが、女性らしい体のラインを出したセクシーで大人っぽいドレスも多く、前回までのガーリーな路線を払拭。

ランウエイには黒のカーペットが敷かれ、前田エマの幼く甘い声で断片的な詩のフレーズが読み上げられたあと、ピアニストの寒川晶子がグランドピアノに座り、「C(ド)」の音だけを連打する幻想的な演奏でショーは始まった。

「ブランドを始めてから10年ほど経った今、当初の気持ちに原点回帰し、僕自身の中にもともとあるハードな部分を出した。ファーファーはいつもテーマに『夜』の要素があるが、今回は暗闇を表現している。ピアニストの寒川さんのドの音だけでものすごい広がりをつくる演奏を初めて聴いたときに感激し、一つの音色が複数重なるような表現で洋服をつくるとどういう風になるんだろう?と思い至った。単調な『黒』だけでも広がりを持つように、ショーとしての表現に落とし込んだ」とチダ。
《奥麻里奈》
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション
  • ファーファー13-14AWコレクション

特集

page top