デヴィッド・ボウイ、世界初の大規模な回顧展をロンドンで開催、グッチがサポート

Entertainment Entertainment

Album cover shoot for Aladdin Sane, 1973 Design by Brian Duffy and Celia Philo, make up by Pierre La Roche Photograph by Brian Duffy©Duffy Archive
  • Album cover shoot for Aladdin Sane, 1973 Design by Brian Duffy and Celia Philo, make up by Pierre La Roche Photograph by Brian Duffy©Duffy Archive
  • Stripe bodysuit for Aladdin Sane tour, 1973 Design by Kansai Yamamoto, Photograph by Masayoshi Sukita©Sukita/The David Bowie Archive 2012
3月23日よりロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)でデヴィッド・ボウイ(David Bowie)の足跡を辿る世界初の大規模回顧展「David Bowie is」が開催される。

本展では、コスチュームや写真・映像、ボウイ所有の楽器、アートワークなど、300点以上のアーカイブが初めて一堂に集められる。音楽のイノベーター、またカルチャーアイコンとしてのボウイの創作過程を探ると同時に、50年にわたるそのスタイルの変遷、めくるめく変身の軌跡を辿る。

60点以上のステージ衣装の中には、フレディー・ブレッティ(Freddie Buretti)のデザインによる「ジギー・スターダスト」のボディースーツ(1972年)、「アラジン・セイン」ツアーのための山本寛斎の華麗なデザイン(1973年)、 そして「アースリング」のアルバムカバーのためにボウイとアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQUEEN)がデザインしたユニオンジャックのコートも含まれている。

さらにブライアン・ダフィー(Brian Duffy)、テリー・オニール(Terry O'Neill)、鋤田正義の写真をはじめ、ギー・ペラート(Guy Peellaert)およびエドワード・ベル(Edward Bell)のアルバムスリーブ・アートワーク、「地球に落ちて来た男」(1976年) や「サタディ・ナイト・ライブ」(1979年) を含む映画・ライブパフォーマンスからの抜粋映像、「ボーイズ・キープ・スウィンギング」(1979年) や「レッツ・ダンス」(1983年) などのミュージックビデオ、「ダイアモンド・ドッグス」ツアー(1974年)のためのセットデザインも展示。

加えて、初公開のストーリーボード、手書きのセットリストや歌詞をはじめ、ボウイ自筆のスケッチ、楽譜、日誌の一部など個人的な所持品も出展される。

本展のスポンサーは「グッチ(GUCCI)」が務め、同ブランドのクリエーティブディレクターであるフリーダ・ジャンニーニ(Frida Giannini)は、「デヴィッド・ボウイは、私にとって最大のインスピレーション源のひとつ。常に本物であり続ける彼の個性、オリジナリティは際立っており、幅広いジャンルに渡るその卓抜したクリエーションの影響力は、過去数十年間にわたって計り知れない。この影響力は今後も何十年にわたり変わることなく、そして衰えることはないだろう」とコメントしている。
《白倉奈緒》
  • Album cover shoot for Aladdin Sane, 1973 Design by Brian Duffy and Celia Philo, make up by Pierre La Roche Photograph by Brian Duffy©Duffy Archive
  • Stripe bodysuit for Aladdin Sane tour, 1973 Design by Kansai Yamamoto, Photograph by Masayoshi Sukita©Sukita/The David Bowie Archive 2012

FEATURED

特集

page top