【13-14AW東京コレクション】間を表現し、エレガントになった「まとふ」

Fashion Collection

まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
3月20日、青山スパイラルホールにて 「まとふ(matohu)」が13-14AWコレクションを行った。デザイナーは堀畑裕之と関口真希子。今季はテーマを「あはい」と題し、間(ま)や時間と空間の関係性の調和に思いを巡らした。

靄(もや)が立ち込む無音の会場に、4体モデルが登場してショーがスタート。この4体は全員、ヘリンボーンツイードのアイテムを着用。繊細な色の重なりのツイードは、岩手のホームスパンから取り寄せた生地で、手仕事ならではの柔らかさと軽さが特徴だ。

光に反射するプリントや、ジャカード織りで舞い落ちる雪を表現したロングコート、長谷川等伯の代表作である松林図屏風(しょうりんずびょうぶ)に描かれている霧をモチーフにしたというワンピース、紫の絞り染めがアクセントのジャケットなどが登場。従来よりエレガンスなテイストに寄せたという。

また、目を引く尖がった形状のヘッドピースは、表参道の路面店で個展を開いたイギリス在住のアーティスト、AKIKO BAN(播安芸子)によるもの。

ショー終了後、堀畑は「モノとモ ノ、モノと人との微妙な間にこそ美があり、それをいかに美しく見せるか、というポイントにこだわった」と述べた。
《編集部》
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション
  • まとふ13-14AW東京コレクション

特集

page top