【13-14AW東京コレクション】「カミシマチナミ」は日本女性の外面と内面の艶を表現

Fashion Collection

カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
3月20日、カミシマチナミ(KAMISHIMA CHINAMI)が13-14AWコレクションを発表した。デザイナーはカミシマチナミ。

「艶(つや)」をテーマに、日本人女性の美しさを色やプリントで描き出した。鮮やかな赤のコートと池田満寿夫の版画作品「聖なる手」をプリントしたドレスでショーの幕が開いた。シャープなシルエットのジャケットにマフラー、ニット、カミシマチナミらしい光や自然を感じさせるプリントを使ったイエローやブルーのコートなどが登場。

「聖なる手」は、服のプリントやマフラーの模様にも採用され、チェック柄は、版画を削るときのようなイメージを表現してデザインされている。マスキュリンなデザインと春夏のよう軽やかでフェミニンなデザインをミックスすることで、女性強さと弱さも表現している。

「艶というのは、見た目の光沢とともに内面も表現している日本語独特の、深い意味と魅力ある言葉。この言葉のように、女性の外面と内面の両方の美しさを表現できたら、という思いでコレクションを作った。また、池田満寿夫は15世紀の画家ヴァン・デル・ウェイデンの夫人の肖像画に魅了されて、その手の部分から新しい作品を創作したが、私もその版画を見て素晴らしいと感じ、彼の作品をプリントに使うことで、今回は歴史の中で共有する感覚もメッセージとして伝えたかった」とデザイナー本人は語る。
《編集部》
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション
  • カミシマチナミ13-14AWコレクション

特集

page top