大手セレクト新業態に共通する中間価格帯・ファミリー提案・植物販売。天王寺MIOプラザ館リニューアルオープンからの考察

Biz Biz

センスオブプレイスのトルソースタイリング
  • センスオブプレイスのトルソースタイリング
  • アーバンリサーチのファストファッションブランド「センスオブプレイス」
  • アントゲージとのダブルネームのパンツ
  • ダブルネームのコスメ
  • ドレスの価格帯は7,000から9,000円
  • 生花コーナーも用意
  • アバハウスインターナショナルの新業態「マイセルフ・アバハウス」
  • デニムコーナー
JR西日本グループの天王寺SC開発(本社:大阪市)が運営する商業施設「天王寺ミオ(MIO)プラザ館」が15日、リニューアルオープンした。

昨年秋から断続的に各階層がリニューアルしてきたが今回のリニューアルは2階と3階。小規模で全国的には知名度はけっして高くない商業施設だが、業界注目のセレクトショップ新業態が出店している。今回はその新業態に注目する。

最も注目を集めるのは新業態として初出店であるアーバンリサーチの「センスオブプレイス」とアバハウスインターナショナルの「マイセルフ・アバハウス」だ。

アーバンリサーチが今春からデビューさせたファストファッションライン「センスオブプレイス」はベーシックからトレンド、ドレスまで対応する。メンズ・レディースの複合業態で構成比は4対6。スタート当初から海外進出を視野に入れている。中心価格帯はトップスで3,000から5,000円、ボトムスが4,000から9,000円、アウターが1万9,000円まで、ドレスは7,000から9,000円となっているが、目玉商品として990円、1,900円のカットソーも用意する。「H&Mとザラ(ZARA)の間の価格帯を想定した」(同社商品支援部・谷本あいさん)という。

自社企画製品だけでなく、他社ブランドとのコラボレーション、ダブルネームも積極的に行う考えで、第1段としてレディースブランド「マリエッタ」、レディースカジュアルブランド「アントゲージ」とのコラボレート商品を展開する。雑貨やコスメを販売するのは昨今珍しくないが、生花も販売する。

2月28日にファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOZOWN)」で立ち上がったのを皮切りに、3月1日には自社オンラインショップを開始した。今回の天王寺MIOプラザ店が1号店で4月26日には「グランフロント大阪」店がオープンする。中期的な展開店舗数はあまり想定しておらず、むしろオンラインストアでの販売力を高める政策を掲げる。低価格ブランドは店舗数が多ければ多いほど生産ロットが増え、1枚当たりの製造コストを引き下げることができる。そのため、短期間に大量出店するケースが多いが、この「センスオブプレイス」は大量出店する代わりに、オンラインショップでの売上高を高めることで生産ロットの拡大を目指す。

アバハウスインターナショナルの「マイセルフ・アバハウス」もメンズ・レディースの複合業態。こちらはアメカジテイストをベースにしたアメリカ西海岸に住む若夫婦のライフスタイルを提案する。衣料品以外に雑貨、アクセサリーを展開するのは珍しいことではないが、ガーデニング用品やキッチン用品、オーガニック洗剤などの他、観葉植物類まで販売を行う。植物販売を行うのは奇しくも「センスオブプレイス」と共通している。

商品は自社企画が中心だが、「リー」「ノースフェイス」「リーバイス・ビンテージクロージング」「プロケッズ」「スペルガ」「エベッツフィールド」などの他社ブランドを仕入れ販売する。

価格はこちらも中間価格帯でTシャツ類が3,990円、シャツ類が4,935円以上、オリジナルのセルビッジデニムジーンズが8,925円となっている。今後、3月20日にららぽーと横浜、4月26日にグランフロント大阪、4月25日にルミネ池袋、6月下旬に「マークイズ(MARK IS)みなとみらい」にオープンする。

この2店以外では、ビームスのファミリー向け新業態「ビーミングライフストア」がこの天王寺MIOプラザに関西初出店した。雑貨類も扱うがさすがに植物販売はない。昨年9月にスタートしており、このMIOプラザ店が全国7店舗目となる。30代ニューファミリーをターゲットにしたメンズ・レディース・キッズの複合業態だ。ベビーカー顧客に対応して通路を広めにとっており、中間価格帯商品を展開する。こちらもアメリカ西海岸のファミリーをイメージしており、カジュアル要素が強い。自社企画製品を中心とするが「リー」「セントジェームス」「ニューバランス」などの他社ブランドも取り扱う。
《ファッションライター南充浩》
  • センスオブプレイスのトルソースタイリング
  • アーバンリサーチのファストファッションブランド「センスオブプレイス」
  • アントゲージとのダブルネームのパンツ
  • ダブルネームのコスメ
  • ドレスの価格帯は7,000から9,000円
  • 生花コーナーも用意
  • アバハウスインターナショナルの新業態「マイセルフ・アバハウス」
  • デニムコーナー
  • アメリカ西海岸の雰囲気をただよわすディスプレイ
  • ウィメンズコーナー
  • 寛容植物販売コーナー
  • オーガニック洗剤など日用品も用意
  • ビームスのファミリー向け新業態「ビーミングライフストア」
  • メンズコーナー
  • ウィメンズコーナー
  • 親子でのスタイリングも提案
  • 天王寺MIOプラザ館エントランス

特集

page top