永瀬正敏の写真展「変化する時空の狭間」が29日より中目黒IPSで開催

Art Art

変化する時空の狭間
  • 変化する時空の狭間
  • 変化する時空の狭間
  • 変化する時空の狭間
  • 変化する時空の狭間
俳優であり写真家としても活動する永瀬正敏が、東京で初めてとなる本格的な個展「変化する時空の狭間 Masatoshi NAGASE – BETWEEN TIME CHANGES」を3月29日より開催する。

一眼レフカメラを肌身離さずに撮影を行ってきた永瀬だが、昨年末に東京や台北などでインスタントフィルムにより撮り下ろした作品を公開。同タイトルの写真集も同時刊行される。4月20日にはアートディレクターの町口覚とキュレーターの本尾久子を迎えての応募制トークショー、21日には代官山蔦屋でのサイン会を行う。

永瀬は1983年に映画「ションベンライダー」でデビューし、アメリカ映画「ミステリートレイン(Mystery Train)」で俳優として国際的な評価を獲得。音楽や美術などアートへの造詣も深く、特に写真とのかかわりを重要視してきた。2001年には行定勲監督作品「贅沢な骨」のスチール撮影をこなし、初のオリジナル写真集を出版。今年で役者生活30年を迎え、その間に出会った人々のポートレート撮影や全都道府県と密着した撮影の成果を展覧会として結実させるなど、長期的なプロジェクトに取り組んでいる。


【展示情報】
変化する時空の狭間 Masatoshi NAGASE – BETWEEN TIME CHANGES
場所:インポッシブル プロジェクト スペース(Impossible Project Space)
住所:東京都目黒区青葉台1-20-5 2階
会期:2013年3月29日から4月29日
時間:12:00から18:00(火、木、日曜)12:00から20:00(水、金、土曜)
休館日:月曜日
《くまがいなお》
  • 変化する時空の狭間
  • 変化する時空の狭間
  • 変化する時空の狭間
  • 変化する時空の狭間

特集

page top