伊勢丹新宿店、グランドオープン。篠山紀信、森田恭通、名和晃平らが「世界最高のファッションミュージアム」を祝福

Biz Biz

写真右より、大西洋・三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長、森田恭通氏、丹下憲孝氏、Monaさん、篠山紀信氏、名和晃平氏、中陽次新宿伊勢丹本店長
  • 写真右より、大西洋・三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長、森田恭通氏、丹下憲孝氏、Monaさん、篠山紀信氏、名和晃平氏、中陽次新宿伊勢丹本店長
  • 大西洋・三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長
  • 中央メインストリート正面、フラワーデザイナー東信氏のインスタレーション
  • 開店前の行列と詰めかけた報道陣
  • 丹下憲孝氏
  • 森田恭通氏
  • オープニングセレモニーで開催されたファッションショー
  • オープニングセレモニーで開催されたファッションショー
昨年6月から順次売り場のリモデルを進めてきた、伊勢丹新宿店再開発計画が3月6日完了し、グランドオープンした。

開店前にはセレモニーが行われ、再開発の環境デザインを手掛けた建築家の丹下憲孝氏とインテリアデザイナーの森田恭通氏、オープニングのキービジュアルを手掛けた写真家の篠山紀信氏と現代美術家の名和晃平氏、モデルのモナ(Mona)らがそろい、大西洋・三越伊勢丹ホールディングス社長と共にテープカットを行った。

リモデルのコンセプトは「世界最高のファッションミュージアム」。約100億円を投じての大幅改装となった。リモデルの対象となった本館2、3、4階のエスカレーター周りには「パーク」と呼ばれるプロモーションスペースを新たに設置。各階のパークでは、1、2週間単位でテーマを変えてイベントを提案。年間で1,500から2,000のプロモーションが予定されている。

オープンを迎えるに際し、大西社長は「ファッションとアート、形の見えるものと見ないものを融合させることは難易度が高かったが、日本一、世界一を目標に進化し続ける店作りを行っていく」と語った。リモデル初年度の売り上げ目標は2,150億円(前年比105%)を目指す。
《編集部》
  • 写真右より、大西洋・三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長、森田恭通氏、丹下憲孝氏、Monaさん、篠山紀信氏、名和晃平氏、中陽次新宿伊勢丹本店長
  • 大西洋・三越伊勢丹ホールディングス代表取締役社長
  • 中央メインストリート正面、フラワーデザイナー東信氏のインスタレーション
  • 開店前の行列と詰めかけた報道陣
  • 丹下憲孝氏
  • 森田恭通氏
  • オープニングセレモニーで開催されたファッションショー
  • オープニングセレモニーで開催されたファッションショー
  • オープニングセレモニーで開催されたファッションショー
  • オープニングセレモニーで開催されたファッションショー
  • オープニングセレモニーで開催されたファッションショー
  • オープニングセレモニーで開催されたファッションショー
  • テープカットの様子
  • テープカットの様子
  • 中央メインストリート正面、フラワーデザイナー東信氏のインスタレーション
  • パーク周りの天井にはピンクのチェーンサークルが下がり、スペースを強調。正面はウエストパークのジューススタンド「スカイ ハイ」
  • スカイ ハイ隣のフラワーショップ「マチルダ」
  • 60・70年代のファッションを提案する「ディケイド」
  • ディケイドには代官山 蔦屋書店が選書するコーナーも
  • ジェニーファックスファーム
  • シュプールランドには日本初上陸のポップコーン「ギャレット ポップコーン」も登場
  • グローバルクローゼットに併設するバー「ザ・スタンド」
  • イセタンガールの酒井景都による雑貨編集売り場
  • 東京・クローゼットのデザイナーズゾーンはメタルサークルの造作でリ・スタイル東京と区別
  • 小山登美夫ギャラリーによるアートスペース

特集

page top