イッセイミヤケのショーにオープンリールアンサンブルが登場。 音楽とアート、ファッションが革新的融合

Fashion Fashion

イッセイミヤケのショーでOpen Reel Ensembleがスペシャルパフォーマンスを披露
  • イッセイミヤケのショーでOpen Reel Ensembleがスペシャルパフォーマンスを披露
  • イッセイミヤケのショーでOpen Reel Ensembleがスペシャルパフォーマンスを披露
3月1日、「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」が2013-14年秋冬コレクションをパリファッションウィークで発表した。会場は、メイン会場であるチュイルリー公園内の特設テント。

ショーの音楽は、2012-13年秋冬コレクションから「オープンリール アンサンブル(Open Reel Ensemble)」の和田永、佐藤公俊、吉田悠、難波卓己、吉田匡がオリジナル楽曲を制作しているが、今回はメンバー全員が登場し、ショーを盛り上げた。

Open Reel Ensembleは、旧式のオープンリール式磁気録音機に現代のデジタル機器を融合させ、演奏する音楽プロジェクト。2009年に活動をスタートして以来、その独自のスタイルがアートとや音楽の世界で評価されてきた。

3月12日には、彼らの活動に迫った書籍「回典 ~En-Cyclepedia~」が発売される。大友良英、宇川直宏、菊地成孔、zAk、高木正勝らとの対話や、結成秘話、奏法についての話がおさめられ、新曲「Cyclatrous」のドキュメント+ライブDVDもセットになっている。
《編集部》
  • イッセイミヤケのショーでOpen Reel Ensembleがスペシャルパフォーマンスを披露
  • イッセイミヤケのショーでOpen Reel Ensembleがスペシャルパフォーマンスを披露

特集

page top