寺田克也の10年間振り返る展覧会、京都で開催。原画含む300点、伊藤ガビンが監修

Art Art

西遊奇伝大猿王
  • 西遊奇伝大猿王
  • 寺田克也 ココ10年展イメージ
  • 寺田克也 ココ10年展イメージ
  • 猫とドラゴン
「寺田克也 ココ10年展」が、京都国際マンガミュージアムにて3月16日より開催される。マンガ家兼イラストレーター、寺田克也の最近約10年間の仕事を、マンガや小説の挿絵、ゲームなどのために描かれたイラスト、設定画など、原画を含む約300点で紹介。

会場には制作過程を記録した映像の上映など、創作上の創意工夫を知ることができるコーナーを設置する他、トークショー及びライブドローイングイベントも開催。観衆は編集者、展覧会プロデューサーとして活動している伊藤ガビン。

寺田克也は、早くからパソコン、ペンタブレットを使った作画を手掛け、デジタル絵師として業界を牽引。フランス人漫画家のメビウス(Moebius)や、映画監督も務めるコミック作家のエンキ・ビラル(Enki Bilal)といった欧米コミックスの要素と、日本の伝統的絵画における線や陰影の表現を併せ持った作風で、国内外に多くのファンを持つ。

「西遊奇伝大猿王」「ラクダが笑う」などのマンガ、ゲーム「ブシン(BUSIN)」のキャラクターデザイン、映画「ヤッターマン」のクリーチャーデザインなどを手掛けた。近年は、伊坂幸太郎が朝日新聞夕刊に連載していた「ガソリン生活」など小説作品の挿絵を担当し、新宿高島屋美術画廊「未来生活形態図展」、東京都美術館「猫とドラゴン展」にも出展している。


【イベント情報】
寺田克也 ココ10年展
場所:京都国際マンガミュージアム2階 ギャラリー1・2・3
住所:京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)
会期:2013年3月16日から6月30日
時間:10:00から18:00(入場は17:30まで)
休館日:水曜日(3月20日、5月1日は開館)、3月21日
料金:無料(ただしミュージアム入場料は別途)
《くまがいなお》
  • 西遊奇伝大猿王
  • 寺田克也 ココ10年展イメージ
  • 寺田克也 ココ10年展イメージ
  • 猫とドラゴン

FEATURED

特集

page top