【2013-14年秋冬コレクション】A.P.C.とヴァネッサ・シワードが提案する、パリっぽさにあふれたベーシック

Fashion Collection

ジャン自ら新作について説明
  • ジャン自ら新作について説明
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
  • タンゴシューズの専門メーカーとコラボしたシューズは、A.P.Cでは珍しいピンヒール
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
パリファッションウィーク期間中の2月27日、A.P.C.(アー・ペー・セー)が2013-14年秋冬コレクションを発表した。会場は、昨年リニューアルしたばかりの本社。

「パリのアメリカ人」をテーマに、一日のうちの三つのシーンに合わせたウェアを披露した。メインラインに、3シーズン目となるヴァネッサ・シワード(Vanessa Seward)とのコラボラインもミックスして披露された。

デイタイムには、ネイビーやグレイのショートコートやラビットファーのコート、ニット、シンプルなデザインのミニワンピースなど。ナイトタイムが始まる前の時間には、ネイビーやフェミニンなプリントドレスを提案した。

ナイトタイムのためのウェアは、ぐっと大人っぽい印象。ヴァネッサによるワンショルダーのドレスとトップスは、フランスの老舗の生地工場のものを使用している。メインラインにはないセクシーでフェミニンなエッセンスが加わり、パンツスタイルもエレガントに仕上がっている。

A.P.Cとしては珍しいピンヒールのシューズも登場。アルゼンチンのタンゴシューズのメーカー、「Tango Leike」とコラボレーションして、デザイン性だけでなく抜群の履き心地も兼ね備えている。

1987年に同ブランドを設立したデザイナーのジャン・トゥイトゥ(Jean Touitou)は新作について、「フランス人ならではの"きちんと感"を大事にしたデザイン。女性が女性らしくあるためのベーシック」と表現した。
《編集部》
  • ジャン自ら新作について説明
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
  • タンゴシューズの専門メーカーとコラボしたシューズは、A.P.Cでは珍しいピンヒール
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション
  • A.P.Cの2013-14年秋冬コレクション

特集

page top