グッチ銀座で幻の名作映画『黒い砂漠』を上映。マーティン・スコセッシ「The Film Foundation」とグッチの映画修復プロジェクトにより復活

Entertainment Entertainment

『黒い砂漠』1972年公開当時のポスター
  • 『黒い砂漠』1972年公開当時のポスター
  • 『黒い砂漠』は、マーティン・スコセッシ監督率いる「THE FILM FOUNDATION」とグッチのサポートにより蘇った
グッチ銀座(東京都中央区銀座4-4-10)のシアター「GUCCI CINEMA VISIONARIES」では、3月2日(土)から4月28日(日)までの期間、フランチェスコ・ロージ監督『黒い砂漠』(1972年)が上映される。入場無料。

『黒い砂漠』は1972年カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞し、1974年に日本でも公開されたが、現在はVHS、DVDともに発売されていない幻の名作。

実在の人物と出来事にもとづいた、スリラー映画でEMI(イタリア国営炭素水素公社)の創始者エンリコ・マッテイの野望、業績、そして謎の死に迫るストーリー。スコセッシ監督に長年支持され、最近もイタリアの政治、社会、モラルを毅然と世に示した名作である、という再評価を受けている。

グッチ銀座のシアターは、昨年6月にオープン。映画監督マーティン・スコセッシが創設した、劣化した名画を修復・復元を行う「THE FILM FOUNDATION」とグッチのサポートにより蘇った名作を上映している。

本作は、チネテカ・ボローニャの映画修復研究所「L'Immagine Ritrovata」がオリジナルのカメラネガ、およびビンテージプリントを用いて修復作業を行ない、2012年9月のヴェネチア国際映画祭にて修復版がプレミア上映された。
《編集部》
  • 『黒い砂漠』1972年公開当時のポスター
  • 『黒い砂漠』は、マーティン・スコセッシ監督率いる「THE FILM FOUNDATION」とグッチのサポートにより蘇った

特集

page top