タキヒヨーの新ブランド「ベラルディ」がデビュー。キャリアと呼ばれたくない大人の女性の”オン”のニューベーシック

Fashion Fashion

ベラルディのポップアップストア
  • ベラルディのポップアップストア
  • 黒、グレー、白などシンプルな井戸使いだが、素材に表情を持たせている
  • ツイードのセットアップなどの限定品
「アントニオ ベラルディ(Antonio Berardi)」のセカンドライン「ベラルディ(BERARDI)」が2月27日に立ち上がった。

東京、大阪、京都、兵庫、名古屋をはじめ、四国、九州の全国の百貨店22店舗で展開。伊勢丹新宿店4階パークでは期間限定ストアが3月5日までオープンしている。

「ブランドのコンセプトは『ONのニューベーシック』。スタイリッシュさを求める40から50代の“キャリアと呼ばれたくない女性”をターゲットに、ビジネスシーンの新しいベーシックをどう提案するか? ということを考えてつくられたライン」と伊勢丹新宿店バイヤーの畑中氏はコメント。

さらに、「『ベラルディ』のデザイン軸は『ファブリック』『コントラスト』『シルエット』の三つ。『ファブリック』は、繊維商社であるタキヒヨーが扱っているブランドということで素材にこだわり、国内の開発素材や、イタリアの糸をはじめとしたインポートの素材を厳選して使用していること。『コントラスト』は、バイカラーの切り替え、1アイテムの中での異素材の組み合わせ、アシンメトリーなシルエットなど、トレンドに左右されないデザイン面での特徴。『シルエット』は、ビジネスシーンにフィットするストレートなカッティングのスタイリッシュなシルエット」と述べる。

伊勢丹新宿店4階のポップアップショップでは限定品も販売。イタリアの「フェルラ(Ferla)」の生地を使用したツイードのセットアップ(ジャケット9万3,450円、スカート3万6,750円)、シルクウール素材のセットアップ(ジャケット7万2,450円、スカート3万4,650円、パンツ3万8,850円)、ブラウス(3万450円)、フリルチュニック(3万450円)、ジャカードパンツ(3万4,650円)など。「新宿店ではワングレード上の商品ラインのボリュームを強化した」と畑中氏。

「ベラルディ」はタキヒヨーがライセンスを取得し、26日に日本から撤退した「アンクライン・ニューヨーク(ANNE KLEIN NEW YORK)」に代わる同社の新ブランドとして今回デビューした。
《奥麻里奈》
  • ベラルディのポップアップストア
  • 黒、グレー、白などシンプルな井戸使いだが、素材に表情を持たせている
  • ツイードのセットアップなどの限定品

特集

page top