フィリップ・スタルク・デザインのバイクスクーター「PIBAL」、プジョーがプロトタイプ発表

Design Design

フィリップ・スタルク氏(右)とボルドー市長アラン・ジュペ氏
  • フィリップ・スタルク氏(右)とボルドー市長アラン・ジュペ氏
プジョーの自転車部門プジョーサイクルは2月19日、仏ボルドー市長アラン・ジュペ氏、世界的に有名なデザイナーのフィリップ・スタルク氏とともに、ボルドー市役所で、バイクスクーターというまったく新しいコンセプトの乗り物「PIBAL」のプロトタイプを発表した。

PIBALはボルドー市が主催した「Cyclab」というプロジェクトから生まれた。2011年11月28日から今年1月20日までの間、専用ウェブサイトで市民からアイデアを募ったうえで、昨年2月10日にスタルク氏とジュペ市長が作品を発表した。今回のPIBALはこれを具現化したものだ。

コンセプトは「バイク・スクーター」で、ペダルの前にステップを持つことが最大の特徴。アルミフレーム、蛍光色のホイール、リアのキャリアを含め、スタルクらしい革新的なデザインになっている。耐久性、機能性、低価格にも気を配ったという。

ボルドーはこの15年間で自転車の数が3倍に増え、市民の10%は通勤に自転車を使っているという。また2003年からは、無料で借りることができるレンタサイクルを合計3500台配備している。

プジョーサイクルは生産を担当。自転車作り約130年の経験が認められた形になった。パリの東南東約100kmに位置するロミイ・スール・セーヌの工場で生産を行い、まずは公園のレンタサイクルを、これに置き換えていく予定だという。

フィリップ・スタルクが開発しプジョーが生産する自転車、ボルドーに導入

《森口将之》
  • フィリップ・スタルク氏(右)とボルドー市長アラン・ジュペ氏

特集

page top