ユニクロが2013年夏にインドネシア進出。三菱商事との合弁会社設立

Biz Biz

株式会社ファーストリテイリングと三菱商事株式会社は、インドネシア共和国における「ユニクロ」出店を通じた事業展開のため、合弁会社を設立する。出資比率はファーストリテイリングが75%、三菱商事が25%で、資本金は10億円。

2002年よりアジアへの出店を開始したユニクロは、中国、香港、韓国、台湾、シンガポールなどへ店舗網を拡大し、2013年1月現在のアジアにおける店舗数は338店。三菱商事株式会社は1954年よりインドネシア事業を開始し、現在はエネルギー、自動車、化学品関連など43社の事業投資先を持つ。両社は2011年にタイにおいても合弁会社を設立し、6店舗まで拡大させている。

ユニクロのインドネシア1号店は、首都ジャカルタでもショッピングモールが多く立ち並ぶクニンガンエリアに新設される「ロッテ ショッピング アベニュー」内に、2013年夏にオープンする。東南アジア既存店舗の中でも最大級となる約810坪の敷地に、メンズ、ウィメンズ、キッズ、ベビーを取りそろえ、圧倒的な品ぞろえと上質な日本式サービスを提供する。
《くまがいなお》

特集

page top