機能素材と循環型リサイクルシステムを海外ブランドに訴求、帝人フロンティアがスポーツ用品国際展示会「ISPO」に出展

Eco Eco

帝人フロンティア株式会社は2月3日~6日にかけて開催される世界最大級のスポーツ用品国際展示会「ISPO」(ドイツ、新ミュンヘン国際見本市会場)に出展し、同社が開発した複数の機能性素材をプロモーションする。

主なプロモート素材は、吸汗・速乾機能に加えて汗冷え防止やべとつき防止の機能まで備えた「トリプルドライカット」、高度な防水性と循環型リサイクル機能を両立させた「エコストーム」、緻密でフラットな特殊構造で高い防風性を実現した「DELTAPEAK」、汗が付着した衣服の生地表面を弱酸性に保つことで防菌・防臭性を発揮する「エコピュアー」など。いずれも着用時の快適性を重視して開発された機能性素材で、中でも循環型リサイクルに着目した「エコストーム」は、環境意識の高い北欧アウトドア系ブランドの注目を集めそうだ。

以上4種類の機能性素材は、帝人グループが世界に先駆けて導入した循環型リサイクルシステム「エコサークル」によって回収・再生されるのも大きな特徴。同システムはポリエステル製品を分子レベルまで化学的に分解することで、品質を劣化させることなく新たな製品として再生することができる。

また帝人フロンティアは機能性素材の紹介だけでなく、スポーツインナーの縫製納入など、素材から縫製までを手掛ける一貫生産体制のメリットを積極的にアピールする予定。幅広い顧客の獲得を目指した、さまざまな提案を行っていく。
《薄井テルオ》

特集

page top