メゾン キツネ日本初路面店が2店同時オープン、茶室のような空間でバリスタの淹れたコーヒーもサービス

Fashion Fashion

メゾン キツネ外観パース
  • メゾン キツネ外観パース
  • カフェ キツネ外観パース
2月15日、「メゾン キツネ(MAISON KITSUNÉ)」が東京・南青山に日本初の路面店をオープンする。プレタポルテコレクションがそろう「メゾン キツネ」と、レコードやCD、ポロシャツ・Tシャツ中心の「キツネ ティー(Kitsuné Tee)」「パリジャン(Parisien)」ラインを取り扱う「カフェ キツネ(CAFÉ KITSUNÉ)」の2店同時出店だ。

ブランド創設者の1人である黒木理也(まさや)が、東京店の空間デザインとストアイメージを構想。パリ店の建築イメージを継承しながらオスマン風スタイルを採用し、日本の伝統的な建築要素を加えた。

「メゾン キツネ」内装には職人の手による特注の畳や襖(ふすま)を使用し、床にはモノグラムの寄木細工を敷き詰めた。「カフェ キツネ」には、市松模様の敷石と竹垣に囲まれたアプローチを通って入る。茶室文化同様に近距離で親睦を深めることを重視した空間で、江戸時代にインスパイアされたオリジナルの壁紙を貼った。茶室を思わせる「カフェ キツネ」では、「表参道コーヒー(OMOTESANDO KOFFEE)」のプロデュースを手がける國友栄一のもとで修業したバリスタが淹れるコーヒーを提供。

フランス発のブランド「メゾン キツネ」は、ダフトパンク(Daft Punk)の元マネジャー、ジルダ・ロアエック(Gildas Loaec)と建築事務所で働いていた黒木理也によって2002年に設立された。音楽とファッション、デザインを融合させ、伝統と現代的アプローチを加えるコンセプトが人気で、コレット、ドーバー ストリート マーケット・コム デ ギャルソン、10コルソコモなどで扱われている。2008年パリに初直営店をオープン。今年1月にはフィレンツェにて開催されたピッティWにてウィメンズコレクションを初のショー形式で発表した。更に2人はフランスのブランド「プチバトー(PETIT BATEAU)」のアーティスティックディレクターに就任している。


【ショップ情報】
メゾン キツネ
住所:東京都港区南青山3-15-13
営業時間:11:00から20:00

カフェ キツネ
住所:東京都港区南青山3-17-1
営業時間:11:00から20:00(カフェは9:00から17:00)
《くまがいなお》
  • メゾン キツネ外観パース
  • カフェ キツネ外観パース

特集

page top