ショーウインドーから復興支援、三越伊勢丹がアートのチャリティーイベント 。伊藤桂司、ヤノベケンジ、リトゥン山縣などが参加

Art Art

伊勢丹新宿店ウインドー(『zero written note』山縣良和、2/18まで)
  • 伊勢丹新宿店ウインドー(『zero written note』山縣良和、2/18まで)
  • 『Psychedelic Fizz 5』伊藤桂司 *展示は京都造形芸術大学・東北芸術工科大学外苑キャンパスのみ
  • 『Miss Zhou (周) says She Is Not Coming』*日本橋三越本店にて2/25まで展示
  • 伊勢丹新宿店ウインドー(『こども芸術の家』、2/18まで)
1月23日より三越伊勢丹がトーキョー フロントライン(TOKYO FRONTLINE)プロデュースのもと、アーティストとともにアートの力で継続的な東日本の復興支援を行う社会貢献事業「キス・ザ・ハート(KISS THE HEART)」を開催している。

2年目となる今年のテーマは「アートの“自然力”を復興する」。根源的な力やローカルなものの美しさ、生命力を感じるアート作品を伊勢丹新宿店・日本橋三越本店・銀座三越のショーウインドーを発表の場として約1ヶ月にわたり展示していく。

ショーウインドーにはリトゥンアフターワーズ山縣良和氏をはじめ、現代アーティスト21人のアート作品が並ぶ。また、特別企画として、伊勢丹新宿店メンズ館1階正面玄関でゲストアーティスト伊藤桂司氏の原画に、車体にアートが施されたアルファロメオ、ジュリエッタ(Giulietta)をインスタレーションとして展示。日本橋三越本店ライオン口エントランスにはヤノベケンジ氏の「サン・チャイルド」ステンドグラスが展示されている。

3月16日には、東京都港区にある京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパスにて、事前応募の参加者によるアーティスト作品のオークションを実施。オークションの落札額は東北で「アートとこども」をテーマに活動する「こども芸術の家プロジェクト」に全額(消費税分を除く)寄付される。

参加アーティスト:
伊勢丹新宿店 : 天野祐子/ドナ/石川直樹/岩名泰岳/片山真理/川島崇志/金光男/長野訓子/手塚愛子/山縣良和/横山裕一
日本橋三越本店:井上康子/杉田陽平/升谷真木子/ナン・ヒョジュン/奥村昂子/王墒(ワン・シャン)
銀座三越 : 細倉真弓/鬼頭健吾/近藤亜樹/小笹彰子
ゲストアーティスト:伊藤桂司

【ショーウインドーでの作品展示】
キス・ザ・ハート#2
日時:伊勢丹新宿店:1月23日(水)から2月18日(月)
日本橋三越本店:1月23日(水)から2月25日(月)*2月5日(火)、19日(火)は店舗休業日
銀座三越:1月23日(火)から2月24日(日)*2月18日(月)は店舗休業日

【チャリティーオークション】
会期:3月16日(土) 16時から17時30分(受付15時から)
場所:京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
料金:参加無料、『キス・ザ・ハート#2』公式ホームページより事前予約が必要 *募集期間 2月1日(金)から28日(木)
定員:70名
《編集部》
  • 伊勢丹新宿店ウインドー(『zero written note』山縣良和、2/18まで)
  • 『Psychedelic Fizz 5』伊藤桂司 *展示は京都造形芸術大学・東北芸術工科大学外苑キャンパスのみ
  • 『Miss Zhou (周) says She Is Not Coming』*日本橋三越本店にて2/25まで展示
  • 伊勢丹新宿店ウインドー(『こども芸術の家』、2/18まで)

特集

page top