ブランキー・ジェット・シティの映画公開記念Tシャツ、アンダーカバーで発売

Entertainment Entertainment

ブランキー・ジェット・シティの映画公開記念Tシャツ、アンダーカバーで発売
  • ブランキー・ジェット・シティの映画公開記念Tシャツ、アンダーカバーで発売
1990年代を代表するロックバンド、ブランキー・ジェット・シティ(BLANKEY JET CITY)を追ったドキュメンタリー映画「VANISHING POINT」公開を記念して、高橋盾の手掛ける「アンダーカバー(UNDERCOVER)」から限定Tシャツが発売される。白、黒の2色展開で各5,500円。映画公開に合わせ、2013年1月26日よりアンダーカバー各店で販売。

ブランキー・ジェット・シティは、1990年に東京で結成した浅井健一、照井利幸、中村達也ら3人組のロックバンド。TBSのオーディション番組「三宅裕司のいかすバンド天国」で「第6代目グランドイカ天キング」を獲得し、初の全国ツアーから各地でソールドアウト続出。1991年には山本耀司のコレクションモデルとしてパリコレに登場し、神宮プール開催の東京コレクションのステージにも立つ。一部の歌詞に問題ありとしてメジャー発表時は改変を余儀なくされた「悪いひとたち」や「赤いタンバリン」などヒットを連発していたが、2000年に「最高のアルバムが出来たので俺達は解散します」と新聞広告上で突然の解散宣言。

「VANISHING POINT」は、ブランキー・ジェット・シティのラストツアーを追った完全未公開のドキュメンタリー映画。2000年5月から行われたラストツアー「LOVE IS DIE DIE IS A CHANGE」を追い、同年7月横浜アリーナ開催のツアーファイナル「LAST DANCE」まで密着。監督は、ブランキーのビデオ作品を手がけてきた映像作家の翁長裕。2013年1月26日から渋谷シネクイントや新宿ピカデリーでなどで期間限定公開され、1月30日にはローソン&HMVにて同作DVDが発売される。
《くまがいなお》
  • ブランキー・ジェット・シティの映画公開記念Tシャツ、アンダーカバーで発売

FEATURED

特集

page top