FRAME誌の表紙を東信のフラワーアートがジャック、日本人作品は伊藤勝のRoen以来6年ぶり

Design Design

FRAME誌の表紙を東信のフラワーアートがジャック、日本人作品は伊藤勝のRoen以来6年ぶり
  • FRAME誌の表紙を東信のフラワーアートがジャック、日本人作品は伊藤勝のRoen以来6年ぶり
  • FRAME誌の表紙を東信のフラワーアートがジャック、日本人作品は伊藤勝のRoen以来6年ぶり
オランダのインテリアデザイン雑誌「フレーム(FRAME)」90号JAN/FEBの表紙をフラワーアーティストである東信の花作品が彩った。日本人が表紙を担うのは、55号の伊藤勝率いる「イトウマサルデザインプロジェクト/セイ(ITO MASARU DESIGN PROJECT/SEI)」設計による「ロエン(Roen)中目黒店」以来となる6年ぶり。

同作品は昨年7月に刊行された作品集「Encyclopedia of Flowers-植物図鑑」(青幻舎)の一作品。撮影は東信と共にオートクチュールフラワーショップ「ジャルダン・デ・フルール」を主宰する相棒、椎木俊介が担当している。フレームでは植物図鑑内の他作品やアートディレクションを務めた原研哉と東信のインタビューなど花と植物を十数ページにわたり特集。

フレームは1997年に創刊した世界中のショップインテリアやプロダクトを紹介するデザイン雑誌。日本では青山ブックセンターや嶋田洋書などで販売されている。ファッションショップ特集も多く、これまでロンドンのセレクトショップ「LN-CC」やアメリカのデザイナーデュオ「スナーキテクチャー(SNARCHITECTURE)」のリチャード・チャイ(Richard Chai)のポップアップショップなどが表紙を飾っている。
《編集部》
  • FRAME誌の表紙を東信のフラワーアートがジャック、日本人作品は伊藤勝のRoen以来6年ぶり
  • FRAME誌の表紙を東信のフラワーアートがジャック、日本人作品は伊藤勝のRoen以来6年ぶり

特集

page top