【東コレ評vol.09】中川一(バイヤー)「東京らしいストリートカルチャーにスポットを当てる」

Voice Voice

「FASHION HEADLINE」では、2013年春夏東京コレクション評をジャーナリストやバイヤーの方々からお聞きしました。

第9回目は伊勢丹バイヤーの中川一さんです。

回答者:
中川一(バイヤー)

Q1.よかったブランドとその理由
A:
・ジェニーファックス(Jenny Fax)
・リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)
・ファセッタズム(FACETASM)
・ビューティフルピープル(beautiful people)

Q2.今後期待できる注目ブランドとその理由
無回答

Q3.ほしいアイテム、オーダーしたもの
無回答

Q4.今季のコレクション全体の感想
無回答

Q5.東コレについて思うこと
A:
パリコレに定期的に出張するので、どうしても比較してしまいますが、決定的な違いはメゾンがあるかないかだと思います。世界中の優秀なデザイナーがパリのメゾンでのクリエーティブディレクターを目指し、そのヒエラルキーが存在するパリと東京では、デザイナーの環境も大きく異なるのではないでしょうか。
しかし、これは決してネガティブなことではなく、東京には東京のアイデンティティーがしっかりと存在するとも感じます。それは、欧米にはある程度存在する階級社会がほとんど存在しない中で、醸成されていくストリート発信の文化やファッションです。世界の中では圧倒的に広く、人口も多い東京では様々なストリートカルチャーが生まれてきていると思います。
東コレもパリやニューヨークのファッションショーに近付け追い越せではなく、東京らしいストリートカルチャーとファッションにスポットをあてると、海外のバイヤーからも見過ごせない存在になるのではないでしょうか。
《編集部》

特集

page top