百貨店各社が12月の売上高を発表、阪急百貨店本店は40.7%増、大丸東京店23.4%増

Biz Biz

百貨店各社の12月の売上高が1月4日に発表された。三越伊勢丹は既報の通り98%と前年を下回ったが、10、11月に増床グランドオープンした店舗が売り上げを牽引した阪急阪神百貨店、大丸松坂屋百貨店は増収を確保した。

11月21日にグランドオープンした阪急百貨店本店の12月の売上高は前年同月比140.7%(阪急メンズ大阪含む)となり、10月25日に二期棟が完成し、売り場の8割がオープンした11月の148.8%に続き、2ヶ月連続140%台の増収となった。なお、阪神百貨店は前年同月比91.7%、支店合計では93.7%、エイチ・ツー・オー リテイリング全社合計で110.0%(神戸阪急を除いた既存店ベースで113.0%)となった。

J.フロントリテイリングは10月に増床グランドオープンした大丸東京店が前年同月比123.4%、大丸神戸店が8ヶ月連続で売り上げを伸ばし102.7%、松坂屋名古屋店も101.4%などと堅調に推移したが、他の主要店舗の売り上げは大丸梅田店97.2%、大丸心斎橋店95.1%、大丸京都店97.6%、松坂屋銀座店90.9%となった。
大丸松坂屋百貨店全体では対前年101%、百貨店事業全体では100.6%と5ヶ月連続で前年実績を上回った。

髙島屋は特選衣料雑貨、宝飾品などが好調で前年を上回ったものの、食品、婦人服が前年割れとなり、髙島屋単体14店舗で前年同月比97.5%、子会社含む18店舗合計で97.4%となった。地区別では関西地区9店舗で98.1%、関東地区9店舗で97.1%。
*数字はいずれも速報値
《編集部》

特集

page top