【東コレデザイナー通信簿vol.04】アトウ(松本与)「素材やカラーに重点を置いた」

Voice Voice

デザイナー松本与が選ぶ今季一押しルック
  • デザイナー松本与が選ぶ今季一押しルック
  • デザイナー松本与が選ぶ今季一押しルック
  • デザイナー松本与が選ぶ今季一押しルック
  • デザイナー松本与が選ぶ今季一押しルック
「FASHION HEADLINE」では、先日東京コレクションでランウエイを発表したブランドに2013年春夏を振り返ってもらう意味も込めて、自己講評をお願いしました。

4回目は「アトウ」の松本デザイナーです。

回答者:
アトウ
デザイナー松本与

Q1.今季、クリエーションで新しく挑戦したことは?
A:
アトウの定番的なアイテムをベースとしながらも素材やカラーに重点を置いたシーズンです。例えばレディースライクな素材(アセテート、キュプラ、レーヨンなど)を多く採用し、ドレープラインを生かしたアウターやパンツのバリエーション。そしてメンズファッションの代表的なライダースブルゾンなども薄く艶やかな素材を用いることで、ドレスウエアのような印象にも仕上げています。

Q2.コレクションで一番こだわった点は?
A:
着る人が自身の取り入れ方を想像し、その方のライフスタイルにフィットしていくように、
服作りやスタイリング、ショーの構成を行っています。

Q3.今季の一押しルック、アイテムは?
A:
コレクションの前半で紹介した、素材感やカラーのバリエーションのパート。

Q4.バイヤー、プレスに人気のあったアイテムは?
A:
いずれも今シーズンはウエストにエラステックを用いたパンツのシリーズが好評です。コットン素材やウール素材などデザインのバリエーションとカラーを豊富に展開しています。ウール素材では、フロントにワンタックを施しシックに、コットン素材では、カラーを豊富に展開し、チノライクなパンツに仕上げました。

Q5.今季のコレクション、採点すると何点?その理由は?
無回答

Q6.今後の展開を教えてください。
A:
2013年はアトウを設立して20年となります。アトウブランドにおけるコンセプトやアイデンティティーに磨きをかけた商品デザインや、コミュニケーション(ウェブ、ビジュアルツールなど)を組み合わせて、クリエーションとビジネスを両立させていきたいと思います。

Q7.他によかったと思うブランド
無回答
《編集部》
  • デザイナー松本与が選ぶ今季一押しルック
  • デザイナー松本与が選ぶ今季一押しルック
  • デザイナー松本与が選ぶ今季一押しルック
  • デザイナー松本与が選ぶ今季一押しルック

FEATURED

特集

page top