【東コレ評vol.06】萩原輝美(ファッションディレクター)「ストリートを超えたクリエーションを見たい」

Voice Voice

「FASHION HEADLINE」では、2013年春夏東京コレクション評をジャーナリストやバイヤーの方々からお聞きしました。

第6回目はフリーランスで活動し、セレクトショップ「デザインワークス」のプロデュースやさまざまなファッションメディアに寄稿、ファッションジャーナリストとしても活躍されている萩原輝美さんです。

回答者:
萩原輝美(ファッションディレクター)

Q1.よかったブランドとその理由
A:
・サポートサーフェス(support surface)
カッティングにこだわった研壁さんの服は、技に支えられた(東コレには少ない)モダンな大人服。
・ミントデザインズ(mintdesigns)
「かわいい」イメージから脱皮。プリントはグラフィカルにモード感ある服です。
・ビューティフルピープル(beautiful people)
素材、物作りへのこだわりが潜む東京発信らしいリアルブランド。

Q2.今後期待できる注目ブランドとその理由
A:
・エーディグリーファーレンハイト(A DEGREE FAHRENHEIT)
新しいクリエーションに挑戦しているデザイナー。
・アツシナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)
ボディにこだわる服作りに好感します。

Q3.ほしいアイテム、オーダーしたもの。
A:
トーガ(TOGA)のボーダーニット

Q4.今季のコレクション全体の感想
A:
頼もしい若手ブランドがわずかとはいえ増え始めています。
若い発想をエレガンスにつなげる技とクオリティーに期待したい。

Q5.東コレについて思うこと
A:
ストリートに寄り添っているばかりではコレクションとは言えません。
ストリートを超えたクリエーションをもっと見せて欲しい。
《編集部》

FEATURED

特集

page top