銀座エリア最大級の大規模複合施設誕生へ、『銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業』

Biz Biz

銀座六丁目地区市街地再開発準備組合が推進する『銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業』の再開発組合が、12月12日設立認可を受けたことが発表された。銀座エリア最大級となる大規模複合施設プロジェクトが本格的にスタートする。

再開発の対象になるのは、東京都中央区銀座にある「松坂屋銀座店」を含む街区(銀座六丁目10番)と隣接する街区(銀座六丁目11番)の2つの街区で構成される約1.4haの地域。東京を代表する国際的な商業・観光拠点にするため、約50,000平方メートル(約15,000坪)の商業施設や、大規模な床面積をもつ業務施設、文化・交流施設の開発を推進する。

観光拠点としては、観光客受け入れのスペースや、観光バス等が停車可能な乗降スペースの整備、銀座エリア最大となる地域に開かれた約4,000平方メートルの屋上庭園の整備を予定。また、安全で快適な歩行者ネットワークの強化・拡充、非常用発電や防災用備蓄倉庫等も整備し、地域に開かれた場所として、来街者の利便性と快適性を高めるとともに、災害時の地域全体の防災機能の向上も図る。

このプロジェクトには、L Real Estate(LRE)、住友商事株式会社、森ビル株式会社の3社が出資を予定。実施設計については、銀座六丁目地区市街地再開発計画設計共同体(鹿島建設株式会社、谷口建築設計研究所)が行い、特定業務代行者として鹿島建設株式会社が参画する。平成25年の権利変換計画の認可、平成26年着工、平成28年8月(予定)の竣工を目指す。

これに伴い、大丸松坂屋百貨店は、再開発の進展に合わせ、同店の営業を平成25年6月30日をもって一旦終了することを決定した。

【銀座六丁目地区第一種市街地再開発事業 計画概要】
地区名称:銀座六丁目10地区(東京都中央区)
事業手法:第一種市街地再開発事業
施行者:銀座六丁目10地区市街地再開発組合
組合員数:15名(平成24年12月現在)
都市計画:平成23年12月 都市計画決定(第一種市街地再開発事業、都市再生特別地区、地区計画)
施設建築物概要:
施行区域面積 約1.4ha
用途 店舗、事務所、多目的ホール、地域冷暖房施設、駐車場
敷地面積 約9,080平方メートル
階数 地下6階、地上13階
建築物の高さ 約56m
延床面積 約147,600平方メートル
公共施設等の整備 区域内道路(あづま通り延伸部分)の三原通り側への付替え、あづま通り下の地下道整備

【事業スケジュール】
都市計画決定:平成23年12月
組合設立認可:平成24年12月
権利変換計画認可:平成25年5月(予定)
工事着手:平成26年1月(予定)
建物竣工:平成28年8月(予定)
《編集部》

特集

page top