日英デザイン企画展「Mark-ing」。黒河内真衣子(マメ)、中村竜治ら参加

Design Design

ブリティッシュ・カウンシル(本部:ロンドン)と株式会社E&Y(本社:東京都目黒区)は、2013年1月10日から25日までロンドンのギャラリー・リビー・セラーズ(Gallery Libby Sellers)で、日英デザイン企画展「マーキング(Mark-ing)」を開催する。

日英各8人計16人のデザイナーが、日本と英国の違いや共通点をテーマに、自分に影響を与えた「fragment(断片)」と称する物体と共に新作を発表する。E&Y代表取締役の松澤剛、デザインライターのマックス・フレイザー(Max Fraser)ら日英2名がキュレーションを担当し、現在活躍中そして今後の活躍が見込まれるあらゆるジャンルのデザイナーを紹介する。日本からはマメ(mame)デザイナー黒河内真衣子、建築家の長坂常、中村竜治などが参加。

「マーキング」の初展示会は、2011年秋に東京ミッドタウンを会場とした「デザインタイドトーキョー2011」で開催された。今回のロンドン展示は、東京で開催されたものからいくつかの展示を入れ替えた最新版となる。

E&Yは東京をベースに家具やオブジェクトの編集、開発、製作及び販売を行っているファニチャーレーベル。ミラノやロンドン、東京など、国内外で毎年新作を発表し、様々なデザイナーやアーティスト、建築家と共に、グラフィック、アーティスト作品、プロジェクトのためのオリジナルプロダクトの開発も行っている。

【イベント情報】
「Mark-ing」
場所:Gallery Libby Sellers
住所:41-42 Berners Street, London
会期:2013年1月10日から25日
時間:11:00から18:00(土曜は16:00まで)
休館日:日曜日、月曜日
参加アーティスト:
【日本】織咲誠、岡本光市、長坂 常、中村竜治 、 福井利佐、二俣公一、スズキユウリ、黒河内真衣子 
【英国】モーリッツ・ウォルドメイヤー、イズミニ・サマニドゥー、ポール・コックセッジ、マックス・ラム、ジェフリー・マン、ヘレン・エイミー・マリー、ハンナ・マーティン、ベンジャミン・ヒューバート
《くまがいなお》

FEATURED

特集

page top