【東コレ評vol.05】changefashion(滝田編集長)「ファッションショーをやる意味をよく考えて」

Voice Voice

changefashion.netより
  • changefashion.netより
「FASHION HEADLINE」では、2013年春夏東京コレクション評をジャーナリストやバイヤーの方々からお聞きしました。

第5回目は滝田 雅樹さんです。

回答者:
滝田 雅樹(changefashion編集長)

Q1:よかったブランドとその理由
A:
・リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)
壮大な世界観。山縣良和しか表現することの出来ない唯一無二のファッションショー。

・ジェニー ファックス(Jenny Fax) 
自身の内面を最も表現しているブランド。

・ミントデザインズ(mintdesigns) 
得意な色や柄を制限することによりブランドの新たな一面を見せた。

・シアタープロダクツ(THEATRE PRODUCTS) 
ファッションの新たな可能性の追求。

Q2:今後期待できる注目ブランド
A:
・リベルム アルビトリウム(liberum arbitrium)

・シセ(Sise)
デザインにより集中出来る環境が整いどうなるのか楽しみ

・ジュン オカモト(JUN OKAMOTO)

Q3:ほしいアイテム
A:Siseのロングジャケット

Q4:今季のコレクション全体の感想
A:
ショーをやる必要性を感じないブランドが多い。

Q5:東コレについて思うこと
A:
メイン会場が渋谷に移って来場者の数が増えたり、ウェブのページビューは増えたそうですがコンテンツはそんなにかわらずといった印象です。支援ブランドの基準をもっと厳しく設けた方が良いのではと思います。スケジューリングがひどいので全部のコレクションを見ようとしても見ることができない。会場が良くないのでコレクションも映えない。ただ面白いブランド、良いブランドはたくさんあると思います。ファッションショーをやるのであればそれをやる意味をよく考えてもらいたいです。
《編集部》
  • changefashion.netより

FEATURED

特集

page top